Optimizely付帯サポートサービス利用規約 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizely付帯サポートサービス利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます)は、日本国内において株式会社イー・エージェンシー(以下「弊社」といいます)が提供する本サポートサービス(第1条第1号で定義)の利用に関する諸条件を定めるものです。

第1条(規約の定義)

本規約に基づく各用語の定義は以下の通りとします。なお、以下に定められていないその他の用語は、本サービス(本条第1号で定義)のサービス契約条項の定めに従うものとします。

  1. 本サポートサービス

    弊社がサポート利用者(本条第3号で定義)に対して提供する次のサポートサービス。なお、本サポートサービスは「オンラインサポート」・「電話によるサポート」・「電子メールによるサポート」により構成され、弊社と利用者との間で締結された Optimizely(米国Optimizely,Inc.(以下「Optimizely社」といいます。)が提供する、ウェブサイト・モバイルなどのオンライン上のサイトで行うWebアナリティクス及びWebテスト(A/Bテスト及び多変量テストを含みますが、これに限定されません)のためのサービス。以下「本サービス」といいます。)の利用に関するサポートサービスとします。

  2. 利用者

    本サービスを利用(無償利用・有償利用の如何に関わらない)し、コンテンツを保存、作成、又は公開する個人、組織、法人、又はその他団体。

  3. サポート利用者

    利用者のうち、本サポートサービスの利用者。

  4. コンテンツ

    サポート利用者が本サービスにおいて使用を選択したカスタマープロパティ用のテキスト、画像、ビデオ、その他のコンテンツを意味します。コンテンツはカスタマープロパティ上で公開されるため、利用者は一般に対して公開を希望するコンテンツのみを提供するものとします。

第2条(登録条件)

弊社は、利用者が次の各号のいずれかに該当した場合、当該利用者を本サポートサービスのサポート利用者として認めるものとします。この場合、サポート利用者は、本規約の内容に同意しているものとみなされます。

  1. 利用者が弊社を通じて、Optimizely Enterpriseプランを申し込み、本サービスのツールを利用開始していること。
  2. サポート利用者が、有償、無償に関わらず、Optimizelyを利用しており、かつ、弊社による有償サポートを承諾していること。

第3条(本サポートサービスの内容)

本サポートサービスは、「オンラインサポート」・「電話によるサポート」・「電子メールによるサポート」により構成され、その内容は以下のとおりです。

  1. 本サポートサービスは、サポート利用者の全ての不都合や不明点、不具合を完全に解決または修補することを保証するものではありません。本サポートサービスは、あくまでも助言としてサポート利用者へ提供されるものであり、お問い合わせのあった問題の解決、ユーザーの特定の目的にかなうこと、成果物に対しての保証をするものではありません。
  2. サポート利用者が利用できる本サポートサービスの内容は以下の通りです。
    • 本サービスの導入方法
    • 本サービスの基本的な操作方法
    • 本サービスの機能情報・設定方法
    • Optimizely社が提供するサービスの関連情報
    • Optimizely社が提供する情報の通達
  3. 弊社は、下記のいずれかに該当するサポート利用者又はそのお問い合わせに対し、本サポートサービスを提供する義務を負わないものとします。
    • Optimizely社が別途定める手続に従ったユーザー登録を行っていないサポート利用者
    • 本規約第4条に定めるサービス利用期間にないサポート利用者
    • 日本語もしくは、英語以外の言語にてお問い合わせをされたサポート利用者
    • 本サービス以外のツールに関してのお問い合わせ
    • Optimizely社が正規統合ツールとして定義していないツールに関してのお問い合わせ
    • 弊社が本サービス導入時に確認する「サービス確認シート」で定めるサポート範囲外のお問い合わせをされたサポート利用者
    • お問い合わせ内容の調査において、弊社確認事項への回答、及び協力を拒否されるサポート利用者
    • その他、本サポートサービスを提供することが不相当であると弊社が判断した場合
  4. 弊社は、お問い合わせのあった内容の調査において、サポート利用者に協力を依頼する場合があります。その場合、サポート利用者は可能な範囲で弊社に協カ頂きます。

第4条(サービス利用期間)

本サポートサービスは、本規約第11条(サービスの廃止・譲渡)で規定する場合を除き、サポート利用者が本規約第2条に定める登録条件を喪失した時点で終了します。

第5条(契約の解除)

サポート利用者が本規約に違反した場合、弊社は、当該サポート利用者との間の本サポートサービスに関する一切の契約を解除することができます。この場合、サポート利用者は、本サポートサービスの一切を利用することができません。

第6条(登録情報の内容変更)

  1. 本サービスに登録した情報に変更が生じた場合、サポート利用者は、速やかに変更手続を行うものとします。変更手続きは、Optimizely社又は弊社が指定する方法にて申請し、本人確認ができた場合にのみ、実施できます。
  2. サポート利用者が前項に定める変更手続きを行わなかったために、サポート利用者に不利益が生じたとしても、弊社は一切の責任を負いません。

第7条(保証と責任の制限)

  1. 弊社は、本サポートサービスの内容について、その正確性、利便性、有用性及び完全性等を保証するものではありません。また、弊社の通信回線及び通信機器の障害、その他の理由で本サービス提供の中断、停止、利用不能又は変更となる場合がありますが、弊社は、弊社の故意又は過失による場合を除き、一切の責任を負いません。
  2. 弊社は、本サポートサービスの利用に起因して、サポート利用者、又はその他の第三者に生じた直接的損害、間接的損害及び逸失利益に関して、一切の責任を負わず、補償もいたしません。
  3. 本規約のもとで、理由の如何を問わず弊社又はOptimizely社がサポート利用者、又はその他の第三者に対して負担する責任の総額は、サポート利用者の弊社に対する本サポートサービスに関する契約料金の月額相当額を上限とします。

第8条(情報の帰属)

  1. 本サポートサービスのもとにサポート利用者と弊社間で交換されるサポート情報、及びこれにかかる技術、知識の情報などの一切の知的財産権は、全て弊社に帰属するものとし、弊社はサポート利用者の承諾なしにこれらを使用、利用、変更、複製などを行なうことができます。
  2. サポート利用者は、弊社から入手した技術情報については、複製、販売、出版、その他営利目的での利用はできないものとします。
  3. 本条の規定は、本規約が解除、期間満了又はその他の事由によって終了したときであっても、なおその効力を有するものとします。ただし、サポート利用者が弊社から開示される前から有していた情報などの知的財産権については、本条本文の適用はないものとします。

第9条(個人情報)

弊社では、別途定めるプライバシーポリシー(URL:http://www.e-agency.co.jp/privacy.html)に則り、個人情報を取り扱います。

第10条(一時的なサービスの停止)

以下の場合、弊社は、サポート利用者への事前の通知を行なうことなく、本サポートサービスの提供を一時停止することがあります。弊社は本サポートサービスの停止に関して、弊社の故意又は過失による場合を除き、一切の責任を負いません。

  1. 本サポートサービスのシステム保守を行う時
  2. 火災、停電などの不可抗力により、本サポートサービスの提供が困難になった時
  3. 天災、又はこれに類する事由により、本サポートサービスの提供が困難になった時
  4. 前各号以外の緊急事態により、弊社が本サポートサービスを停止する必要があると判断した時

第11条(規約の変更)

弊社は、サポート利用者と個別の協議、同意の上、本規約を変更することができ、サポート利用者は、本規約の変更を、本サポートサービスの契約の更新をもって承諾し、従うものとします。

第12条(免責事項について)

弊社は、弊社の故意又は過失による場合を除き本サポートサービスの利用に際し、サポート利用者に対して発生した損害の一切の責任を負わないものとします。また、弊社は、弊社の故意又は過失による場合を除き本サポートサービスの利用に際し、サポート利用者が第三者に与えた損害の一切の責任を負わないものとし、サポート利用者が第三者に与えた損害は、当該サポート利用者の責任と費用をもって解決し、弊社に損害を与えることがないものとします。

第13条(管轄裁判所)

本規約は日本国法に準拠するものとし、本サポートサービスに起因する紛争の解決については、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社イー・エージェンシー

(附則)
2016年6月1日 制定・施行
2016年6月7日 改訂

以上