Optimizelyサービス利用規約 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizelyサービス利用規約

株式会社イー・エージェンシー(以下「弊社」といいます。)が提供する本サービス(第1条で定義します。)をご利用いただき、ありがとうございます。

本サービスをご利用いただくことにより、利用者は、このサービス利用規約(以下「本規約」といいます。)の条件及び条項の全てに合意したことになり利用者と弊社との間で、本利用規約の内容に従った本サービスの利用に関する契約(以下「本契約」といいます。)が成立します。

本サービス又は関連サービスを企業等の法人を代表して使用する場合、「利用者」はその法人を指し、その法人はこの契約に拘束されることになります。

利用者は、自らが本規約に拘束されることを承諾する法的権限と裁量権を保有し、利用者が法人である場合は、その法人を本規約に拘束するための必要なすべての裁量権を持つ従業員又は代理人によって、本規約及び本サービスの利用申込書に記載された内容に合意することを表明し、保証するものとします。

弊社は、本規約第16条第8項に基づいて、本規約の内容を変更する可能性があるため、この弊社のホームページを必ず定期的にチェックするようにしてください。 本規約には、本サービスの利用申込書とサービス固有の条項(以下に定義します)、及び、ここでリンク又は参照されているポリシーや文書が含まれます。

第1条(本サービス)

  1. 本サービス、すなわちOptimizelyは、米国Optimizely,Inc.(以下「Optimizely社」といいます。)の正規リセラーである弊社が提供するサービスで、利用者の利用申込書で指定されるOptimizely社所有の特定の Software-as-a-Service 製品を意味します。
  2. 本サービスは、ウェブサイト・モバイルなどのオンライン上のサイト、及びモバイルアプリケーションで行うOptimizely社製のアナリティクス及びウェブテスト、モバイルアプリケーションテスト(A/Bテスト及び多変量テストを含みますが、これらに限定されません。)のためのもので、これに関係するコードとドキュメントが含まれます。本サービスには、他社の製品は一切含まれません。
  3. 本サービスにおいて、弊社は、利用者に対し、利用者が自らのウェブ及びモバイルプラットフォームにより提供する環境のテスト、分析を行うためのソフトウェア・パッケージを提供します。
  4. 利用者は、前項に定める目的を達成するため、最初にOptimizelyコードをウェブサイト又はモバイルアプリケーションにインストールしてから、該当する本サービスの編集及び構成ツールを使用して、テストするコンテンツを選択します。これらの選択に基づいて、カスタマープロパティの種類が訪問者に対して提示されます。
  5. 本サービス固有の条項及び該当ドキュメントには、本サービスに関する詳細情報が記載されています。
  6. 利用者は、Optimizely社が本サービスを運営し、本サービスへのアクセスを許可する能力を有する唯一の者であること、及び、Optimizely社が利用者の本サービスに対するアクセスを停止し、又は終了させることができることを確認します。

第2条(定義)

本規約における用語の定義は、本規約の個別の条項又はサービス固有の条項において定めるほか、以下のとおりです。

  1. 「アドオン」とは、本サービスとともに使用される統合、アプリケーション、その他の追加機能を指します。
  2. 「関連会社」とは、本契約の当事者によりコントロールされる、当事者をコントロールする、又は当事者と共通のコントロール下にある任意の法人を指します。ここで「コントロール」とは、そのような法人の管理もしくは業務を指示する権限がある、又はそのような法人の議決権の過半数を保有することを意味します。
  3. 「集計/匿名データ」とは、(ⅰ)カスタマーデータと他のデータを、利用者又はその訪問者に関して個人を識別できなくなるような方法で集計して生成されたデータ、並びに、(ⅱ)本サービスに関連する匿名の学習事項、ログ、及びデータを意味します。
  4. 「認可ユーザー」とは、利用者の従業員、又は、利用者を代理して、その利益のために作業を行う契約者(広告代理店やマーケティングコンサルタントなど)を意味します。
  5. 「機密情報」とは、本規約に従って交換されるコード、発明、ノウハウ、製品計画、技術及び財務情報で、受け渡された時点で機密情報に指定されているもの、又は、その受渡しに関する状況及び受け渡された情報の性質を考慮して、機密情報とみなすのが妥当と考えられるものを意味します。
  6. 「コンテンツ」とは、利用者が本サービスにおいて使用を選択したカスタマープロパティ用のテキスト、画像、ビデオ、その他のコンテンツを意味します。コンテンツはカスタマープロパティ上で公開されるため、利用者は一般に対して公開を希望するコンテンツのみを提供するものとします。
  7. 「カスタマーアプリ」とは、該当するサービス確認シートに明示的に記載されたモバイルアプリケーションを意味します。
  8. 「カスタマーデータ」とは、(ⅰ)コンテンツ、(ⅱ)提出されたデータ、(ⅲ)訪問者のデータ、及び(ⅳ)本サービス固有の条項で指定された他の利用者データを意味します。
  9. 「カスタマープロパティ」とは、(ⅰ)利用者のサイト、(ⅱ)カスタマーアプリ、又は(ⅲ)該当するサービス確認シートにより指定された他の種類のプラットフォームもしくは所有物(本サービスでサポートされる可能性があるもの)を意味します。
  10. 「利用者のサイト」とは、該当するサービス確認シートに明示的に記載されたウェブドメイン及びサブドメインを意味します。
  11. 「ドキュメント」とは、本サービスとともに提供される、Optimizely社及び 弊社の利用者向け技術ドキュメントを意味します。
  12. 「Optimizelyコード」とは、Optimizely社が開発したコードで、本サービスと組み合わせて使用するために、弊社が利用者に対して提供するものを意味し、本サービスのJavaScriptコード(利用者のサイト用)、モバイルSDK(カスタマーアプリ用)、アドオン、又はOptimizely社が開発し弊社が提供するその他のコードが含まれる可能性があります。
  13. 「Optimizely社のテクノロジー」とは、Optimizely社のサービス、関連又は基礎となる全てのドキュメント、技術、コード、ノウハウ、ロゴ、テンプレート(本サービスから得られるレポートや出力の全てが含まれます。)、サポートや他のサービスの一部として提供される全てのもの、並びに、これらに関する更新、改変、又は派生物の全てを意味し、フィードバックも含まれる可能性があります。
  14. 「利用申込書」とは、本契約を参照する本サービスの注文ドキュメント、又はサブスクリプションフローの全てを意味し、「サービス確認シート」を含みます。
  15. 「規制対象データ」とは、個人を識別可能な全ての情報(ユーザーアカウントの作成が必要な権限のあるユーザーについての情報以外)を含む個人情報保護法その他法令により規制又は保護の対象とされている情報を意味します。
  16. 「使用の範囲」とは、該当する利用申込書又はドキュメントに含まれている本サービスの使用制限又は使用範囲についての記述を意味します。これには、訪問者や認可ユーザーの数の制限、製品の機能レベルについての記述、及びカスタマープロパティについての名前や数値的な制限が含まれることがあります。
  17. 「サービス固有の条項」とは、本サービス、その他Optimizely社の製品、機能、サービス又はサブスクリプションプランに固有の追加又は異なる条項及び条件(存在する場合)を意味します。サービス固有の条項は現在、https://www.optimizely.com/service-specific-terms/ で参照できます。
  18. 「提出されたデータ」とは、利用者がアップロード、入力、その他の方法で本サービスに提出されたデータを意味し、第三者の内容も含まれます。
  19. 「サブスクリプション条項」とは、該当する本サービスのサブスクリプションについて、利用者の利用申込書で指定されている初期条項、及び以後の各更新情報(存在する場合)を意味します。
  20. 「第三者のコンテンツ」とは、利用者が自らの第三者のデータプロバイダーから本サービスへ提供するコンテンツ、データ、その他の資料を意味し、利用者により使用されるアドオンも含まれます。
  21. 「第三者の製品」とは、Optimizely社又は弊社によって開発されたもの以外の全てのアドオン、アプリケーション、統合、ソフトウェア、コード、オンラインサービス、システム、その他の製品を意味します。
  22. 「訪問者」とは、カスタマープロパティのエンドユーザーを意味します。
  23. 「訪問者のデータ」とは、本サービスによって利用者のため収集された、カスタマープロパティにおける訪問者の特徴と活動に関するデータを意味し、サービス固有の条項に指定されている該当データが含まれます。

第3条(アカウント登録と使用)

  1. 利用者及びその認可ユーザーは、本サービスを発注、アクセス、又は受け取るため、Optimizelyアカウントへ登録を必要とすることがあります。
  2. Optimizelyアカウントに登録する情報は、正確で、最新の、完全なアカウント情報が必要で、Optimizely社のプライバシーポリシー(https://www.optimizely.com/privacy/で参照できます)及び弊社プライバシーポリシー(http://www.e-agency.co.jp/privacy.htmlで参照できます) により管理されます。
  3. 利用者は、弊社が電子メール又は利用者のアカウントにより通知、声明、その他の情報を送付できるよう、Optimizelyアカウントに登録する情報を常に最新の状態に保つことに合意するものとします。
  4. 利用者は、本サービス用のユーザーID、パスワード及びその他のアクセス認証情報(APIトークンなど)の機密が厳格に保持され、認可されていない人員と共有されないことを保証する必要があります。
  5. 認可ユーザーが利用者のための作業を行わなくなった場合、利用者は当該認可ユーザーのアクセス許可、アカウント、及び当該認可ユーザーによる一切の本サービスの使用を直ちに終了する必要があります。
  6. 利用者は、自ら及び認可ユーザーのアカウント、パスワード、及びアクセス認証情報を使用して行われた全ての活動について責任を負うものとし、セキュリティの漏えいが発生し、又はアカウントが許可なしに使用された場合、直ちに弊社へ通知する義務があります。
  7. Optimizelyアカウントは、特定の利用者に与えられるものであり、他の利用者と共用することはできません。

第4条(使用権)

  1. 本サービスの使用
    • 弊社は、利用者が本サービスを自らの業務にのみ用いることを条件として、利用者に対し、本規約の定めに従い、本契約期間中、利用者の利用申込書で指定された、本サービスにアクセスして使用する世界的、非独占的、非譲渡、非再許諾の権利及びライセンスを付与します。
    • 前号の場合において、サービス固有の条項において定められているときは、本サービスは、カスタマープロパティにOptimizelyコードのインストールを求めます。
    • 前各号の場合において、本条項により付与される権利には、前各号と同一の条件に従い、さらに次の権利を含むものとします。
      • 指定されたカスタマープロパティに関連するOptimizelyコードをインストールし、使用する権利。
      • カスタマーアプリに関しては、カスタマーアプリにインストール用Optimizelyコードを配布する権利。
  2. 他人による使用
    • 利用者は、利用者の利益のみに使用する目的で、その認可ユーザーが本サービスを使用できるようにすることができます。但し、その場合、利用者は、その認可ユーザーに本契約を遵守させる必要があります。
    • 利用者は、全ての認可ユーザーの使用とアクセス、本契約条件の遵守を担当し、責任を負うものとします。
    • 認可ユーザーによる全ての使用は、利用者の使用として集計され、使用制限の適用範囲にカウントされます。
  3. 一般的な制限

    利用者は、以下の行為(及び第三者に以下の行為を許可すること)をしてはなりません。

    • 本サービスを第三者(認可ユーザーを除くものとし、以下、本条項において同様とします。)に対して賃貸、リース、コピー、転送、及びサブライセンスを行うこと、並びに、第三者に対して本サービスへのアクセスを提供する行為
    • 本サービス又はその一部を、具体的に上記で許可された利用者自身のカスタマープロパティ以外のいかなるサイト、製品又はサービスに組み込み、使用し、又は提供する行為
    • 本サービス又はその一部を、タイムシェアリング目的又は第三者の利益のために使用する行為
    • Optimizely社又は弊社の機密情報とみなされる本サービスの性能に関する情報を一般に公開する行為
    • 本サービスを変更したり、その一部の派生物を作成する行為
    • 本サービスをリバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、翻訳すること、並びに、ソースコード、根底的アイデア、アルゴリズム、ファイル形式、又は本サービスの全ての非公開API(Optimizelyコードを含む)を取得し、導出しようとする行為
    • セキュリティ対策又は本サービスのレート制限を犯したり回避する行為
    • 本規約の定めに従ってカスタマーアプリ内にインストールされたOptimizelyコード以外の本サービスの任意の部分を配布する行為
    • 本サービスから取得した全てのレポートや出力を含め、本サービスに含まれるいかなる製品の識別、所有権表示、著作権表示またはその他の通知を削除又は不明瞭にする行為
    • 本サービスを通じて、ウィルス、ワーム又はその他のソフトウェアエージェントを取り込むこと。
    • 個人の識別が可能な情報(但し、利用者のアカウントの設定に必要なものはこの限りでない)又は法律上保護もしくは制限されるデータもしくは情報を弊社に提出するか、又は本サービスに投入すること(又はかかる情報を収集するために本サービスを使用すること)。
    • 本サービスの適切な動作を妨害したり、本サービスの完全性又はセキュリティを危険にさらしたり、本サービスのアクセス又はコピーの制限を潜脱したり、本サービスを実行するサーバーに対する又はサーバーからの送信を解読したりすることを試みること。
    • Optimizely社又は弊社のインフラに対し、不合理又は不釣り合いな大容量が課されるか、又は課されるおそれのある(Optimizely社又は弊社の単独の裁量で判断される)措置を執ること。
  4. ベータ版のリリースと無料のアクセス・サブスクリプション
    • Optimizely社又は弊社は、利用者に対し、無料又はトライアル(以下「フリーアクセス・サブスクリプション」といいます。)として、本サービスもしくはOptimizelyコードを提供し、又は、「アルファ」、「ベータ」もしくは他の初期段階の本サービス、Optimizelyコード、インテグレーションもしくは各種機能(以下「ベータ・リリース」といいます。)を提供することがあります。
    • 前号に定めるフリーアクセス・サブスクリプション又はベータ・リリースについては、本号ないし第7号の定めが適用され(ベータ・リリースを無料で提供した場合でも、カスタマー使用割り当て範囲にカウントされます)、本規約にこれらと異なる定めがある場合には、本号ないし第7号が優先して適用されるものとします。
    • Optimizely社又は弊社は、フリーアクセス・サブスクリプション又はベータ・リリースを使用して利用者を支援するために、独自の裁量で誠実に努力します。
    • 利用者は、本規約の他の定めにかかわらず、いかなるフリーアクセス・サブスクリプション又はベータ・リリースも、「現状のまま」かつ「利用可能」として提供され、Optimizely社及び弊社がいかなる保証、サポート、保守、保管、SLA、又は、いかなる種類の損害賠償の義務も負わないことに合意します。
    • 前号に定めるほか、利用者は、ベータ・リリースについて、これが完成されておらず、完全に機能しない場合があり、バグ、エラー、不作為、及びその他の問題が含まれている可能性があることを承諾し、これらについてOptimizely社及び弊社が責任を負わないことを認識して合意し、ベータ・リリースのいかなる使用も、利用者が全責任を負うものとします。
    • Optimizely社及び弊社は、ベータ・リリースの将来バージョンがリリースされること、又は同一の市販版もしくは他の使用条件で利用可能になることを約束するものではありません。
    • Optimizely社及び弊社は、自らの裁量で、責任を負うことなく、いつでも、理由の有無に関わらず、全てのフリーアクセス・サブスクリプション又はベータ・リリースを使用する利用者の権利を終了させることができます。

第5条(カスタマーデータ)

  1. カスタマーデータの権利
    • 利用者は、カスタマーデータ、全てのカスタマープロパティ、全てのコンテンツ(全てのOptimizely社のテクノロジーを除く)に関する全ての権利、権原、利益(知的財産権を含む)を留保します。
    • 利用者は、弊社が利用者に対して本サービス、関連サービス、及びその他のサービスを提供するために必要な範囲で、Optimizely社及び弊社に対し、カスタマーデータからの派生物を収集、使用、コピー、保存、送信、変更するための非独占的、世界的、ロイヤリティ・フリーの権利及びライセンスを付与します。
    • 前号に定める権利及びライセンスの付与は、Optimizely社及び弊社が、利用者のコンテンツに関し、公に表示する権利と、本サービスを通じて、利用者の指示どおりに、コンテンツとカスタマープロパティ(派生物と修正を含む)を実行する権利を含みます。
    • 利用者は、本サービスが、利用者のカスタマープロパティから、特に、訪問者のデータを収集することに同意します。
    • 利用者は、Optimizely社又は弊社が、本サービスを提供、開発、保守、サポート又は改良する目的で、カスタマーデータを使用することを承諾します。
  2. 集計/匿名データ
    • 利用者は、Optimizely社が集計/匿名データを作成する権利を保有することに同意するものとします。
    • 本規約のいかなる規定にかかわらず、弊社及び利用者は、集計/匿名データがOptimizely社のテクノロジーであり、Optimizely社が本契約の期間中又は終了後に事業目的で使用する可能性があるものであり、その目的はOptimizely社の製品やサービスの開発・改善や、レポート及びその他の資料の作成・配布等を含むものであることに同意するものとします。
    • Optimizely社は、集計/匿名データを利用者又はその訪問者の個人情報が特定できる方法では配布しないものとします。
  3. セキュリティ
    • 弊社は、弊社又はOptimizely社により、不正なアクセスや使用、開示からシステムを保護するように設計された技術的・組織的手段を維持することに同意します。これらの手段には以下が含まれます。
      • 物理的に保護された場所にあるサーバーへのカスタマーデータの保管。
      • カスタマーデータを不正アクセスから保護するために設計されたファイアウォールやアクセス管理、及び類似のセキュリティ技術の使用。
    • 弊社は、本契約に別途定めるほか、いかなるカスタマーデータについても、その責任を負わないものとします。
  4. ストレージ
    • 弊社は、アーカイビングサービスを提供しません。
    • サービス期間中、利用者は、本サービスが使用されていないコンテンツを削除する可能性について承知しているものとします。
    • 弊社は、ストレージに関する他のすべての義務を明確に否定します。
    • 利用者は、追加のストレージ条件が、適用されるサービス特有の条件で規定されている可能性があることを承諾します。

第6条(利用者の義務)

  1. 利用者は、次の事項に合意するものとします。
    • 自らのカスタマープロパティについて、法的に十分なプライバシーポリシーを保持し、訪問者に対して必要な全ての事項を開示すること。
    • 本契約に基づくカスタマーデータの収集、使用、開示を可能にするために、並びに、本契約に定めるOptimizely社及び弊社の権利をOptimizely社及び弊社に付与するために必要な権利、リリース、合意の全てを取得すること。
    • 本サービスの使用について、その時点で最新のOptimizely社及び弊社の利用規約に準拠すること。
    • サービス固有の条項により明示的に許可されている場合を除き、規制対象データを、本サービスに対して、又は本サービスとともに発行、収集、又は使用しないこと。
    • 本サービスとともに使用される、いかなるカスタマーアプリや第三者製品についても、該当する第三者の条項(アプリストアの条項など)を遵守すること。
    • 弊社、Optimizely社、本サービス、又はOptimizelyコードが第三者の条項(オープンソースライセンス条項を含む)の対象となるようないかなる行為も行わないこと。
  2. 利用者は、自らのカスタマープロパティ、並びに、カスタマーデータの収集、使用、及び開示が、知的所有権、プライバシー、肖像権を含む第三者の権利を侵害しないことを表明し、保証するものとします。
  3. 利用者がカスタマーデータ、又は第三者製品の使用に関連して、第三者から取下げ要求又は権利侵害の通知を受けた場合、直ちに、本サービスにおけるそれらの使用を取り止めるとともに、弊社へ通知する義務があります。
  4. 利用者は、次に掲げる事項を表明し保証します。
    • 利用者は、いかなる第三者の同意なくして、本契約を締結し、また、本規約に定める義務を履行する完全な権利、権限及び権能を有していること。
    • 利用者は、法令に従って本サービスを使用すること。
    • 利用者は、本規約に定める用途でカスタマーデータをOptimizely社又は弊社に提出するために必要な全ての権利、許可及び認可を取得済みであること。

第7条(サポートサービス)

  1. 本サービスのサポートは、Optimizely社のウェブサイト(現在、help.opimizely.comで利用可能)を通して、ウェブベースで提供されます。
  2. 前項に定めるほか、利用者は、一定の条件を満たす場合には、別途、弊社が提供する追加のサポートサービス(Optimizely付帯サポートサービス)を利用することができます。
  3. 前項に定める付帯サポートサービスの利用条件その他の諸条件は、別紙「Optimizely付帯サポートサービス利用規約」に定めるとおりとします。
  4. 本サービスに関するサポートサービスは、全て、本規約並びにOptimizely社及び弊社の適切なサポート指針に従います。
  5. 弊社によるサポートサービスの提供は、利用者の妥当かつ適宜な協力、並びにサービスを提供するために必要とされる利用者からの全ての情報の正確性及び完全性に依存します。

第8条(料金及び支払い)

  1. 利用者は、適切な注文フォームに異なる通貨又は支払い期限が記載されない限り、弊社の利用者に対する請求書が発行された月の末日までに、請求書に記載された全ての料金を支払うことに合意するものとします。
  2. 利用者は、弊社が発行する請求書に従い、本サービスの利用料金に消費税等の賦課されるべき税額を加えた金額を弊社に支払うものとします。
  3. 弊社は、第9条第2項に定める本契約の更新の際、為替相場の変動その他一切の状況を考慮し、更新後の本サービスの利用料金を改定することができます。その場合、弊社は、利用者に対し、更新日の45日前までに更新後の改定された利用料金を通知するものとし、利用者は、本契約の更新により、更新後の本サービスの利用について、改定後の利用料金が適用されることに承諾するものとします。

第9条(契約期間及び終了)

  1. 期間

    本契約は、別段の定めがある場合を除き、本サービスの契約期間が満了するまで、又は、本規約の定めに従って解除その他の原因により終了するまで、効力を有します。

  2. 契約期間および更新
    • 本サービスの契約期間は最低12か月とし、具体的には利用申込書において定めます。
    • 利用者は、本サービスの購入用利用申込書を提出することにより、全契約期間の適切な料金を支払うことに合意します。
    • 利用者は、本条第4項(契約の途中解除)又はサービス固有の条項に明示的に記載される場合を除き、契約期間を中止又は終了することはできません。
    • 各契約期間は、以下の場合を除き、自動的に12か月の更新期間が追加されます。
      • 当該利用申込書に特に指定がない場合
      • 一方の当事者が当時の契約期間の終了前30日以内に更新しないことを書面により通知した場合。
    • 契約開始日時が利用申込書に記載されていない場合、利用者が本サービスに最初にアクセスした時点で契約が開始するものとします。
  3. サービスの中止
    • 弊社は、次の場合、利用者による本サービスへのアクセスを中止することがあります。
      • 利用者の口座が期限切れの場合
      • 利用者が使用制限の範囲を超えた場合
    • 前号に定めるほか、弊社は、次の場合、利用者による本サービスの利用を中止する、カスタマーデータを移動する、又は第三者の製品を利用不可にすることができるものとします。
      • 利用者が本規約に定める条項に違反し、又は違反の疑いがある場合
      • 他の利用者もしくは第三者に対する損害もしくは不利益を防止し、又は、本サービスの安全性、安定性、有用性もしくは規律を保全するために必要な場合
    • 前各号の措置において、弊社は、いかなる責務も追わないものとします。
    • 第1号及び第2号の措置があった場合においても、利用者は、いかなる中止期間についても料金の支払い義務を免れないものとします。
    • 本契約の期間が満了していない限り、弊社は、利用者が中止を必要とする状況を解決したことを立証した場合、利用者と協力し、本サービスへのアクセスを修復します。
  4. 解除事由
    • 弊社及び利用者は、他方当事者が以下の一つに該当する場合、本契約(関係する利用申込書に基づく合意、及び第7条第2項に定めるサポートサービスに関する合意を含むものとし、以下、本条項において同様とします。)を解除することができるものとします。
      • 本規約の定めに違反し(料金の不払いを含む)、その違反の是正を求める書面による通知から30日以内に、当該違反を改善しなかった場合
      • 承継者を定めずに運用を終了させた場合
      • 差押、仮差押、仮処分もしくは競売の申立てを受け、又は公租公課滞納による処分を受けた場合
      • 特別清算、会社更生、民事再生、破産、もしくはこれらに準ずる法律上の手続の開始を申し立て、又は申し立てられた場合
      • 解散決議をした場合
      • 支払停止、もしくは支払不能に陥ったとき、又は自己が振出、引受、保証をし、もしくは裏書した手形・小切手が不渡りになった場合
      • 資産、信用、支払能力等に重大な危機を生じたと認められる場合
    • 前号に定めるほか、弊社は、利用者が第4条もしくは第6条に関して違反を犯した場合、又は本契約に関して度重なる違反を犯したことを理由として、本契約又はいずれの関係する利用申込書に基づく合意を即時に解除することができるものとします。
  5. 終了の効力
    • 本契約又は利用申込書に基づく合意の満了又は解除に際しては、以下の効力が生じます。
      • 本契約により利用者に付与された一切の権利は消滅します。さらに、当該終了を受けて、適用されるOptimizely社又は弊社のサービス(関連するOptimizely社及び弊社の技術を含む)は中止され、Optimizely社又は弊社においてカスタマープロパティとして設定しているOptimizelyコードの配布は中止され、また、利用者が所有、保管又は管理するOptimizelyコードの一切の複製、本サービスに関する文書、パスワード又はアクセスコード、及びその他の本サービスに関する秘密情報は消去(又は弊社の要請があれば返還)されるものとし、利用者はこれらのために必要な行為をすべき義務を負います。
      • 本サービスにおいて、利用者のアカウントは無効とされ、利用者がカスタマーデータにアクセスする権利は停止されるとともに、弊社は、自らが保有するいずれの当該データをいつでも消去することができるものとします。
    • 弊社が本条第4項に定められている事由を根拠として本契約を解除した場合、利用者は、契約期間の残余部分に対応する料金を直ちに支払わなければなりません。
    • 唯一の法的救済措置が本規約中に明確に定められていないかぎり、本契約における一切の救済措置(解除又は中止を含む)は排他的なものではなく、当事者が利用できるその他いずれの権利又は救済措置を排除するものではありません。
  6. 存続条項

    以下の諸条項は、本契約の満了後又は解除後も存続するものとします。

    第2条(定義)、第3条(アカウント登録と使用)、第4条第3項(一般的な制限)、第4条第4項(ベータ版のリリースと無料のアクセス・サブスクリプション)、第5条第1項(カスタマーデータの権利)、第5条第2項(集計/匿名データ)、第8条(料金及び支払い)、第9条(契約期間及び終了)、第10条(秘密情報)、第11条(Optimizely社のテクノロジー)、第12条(賠償)、第13条(免責事項)、第14条(責任制限)、第15条(第三者の製品及び統合)及び第16条(全般)。

第10条(秘密情報)

  1. 秘密保持義務
    • 弊社及び利用者(以下、本条において「受領当事者」といいます。)は、本サービスに関して他方当事者(以下、本条において「開示当事者」といいます。)から開示された機密情報が開示当事者の秘密の財産を構成することについて同意します。ただし、当該情報が開示時において秘密と特定されること、又は受領当事者が開示された情報の性質及び開示時の状況から当該情報を機密情報であると合理的に知るべきであることを条件とします。
    • 第2条第5項及び前号の定めにかかわらず、Optimizely社のテクノロジー、本サービスに関する性能情報及び本契約の条件は、いかなる表示又は更なる指定がなくとも、機密情報に該当するものとします。
    • 受領当事者は、開示当事者の機密情報について、以下の義務を負います。
      • 本規約において許可される場合を除き、開示当事者の機密情報を秘密として保持し、第三者に開示してはならないものとします。
      • 開示当事者の機密情報を本規約に基づく自らの義務の履行、及び自らの権利行使のためにのみ使用するものとします。
    • 受領当事者は、情報を知る必要のある正当性を有する自らの従業員、代理人、又は請負人(弊社にとって第16条第4項に言及される下請負人を含み、以下「受領者」といいます。)との間で、開示当事者の機密情報を共有することができます。ただし、受領当事者が、あらゆる受領者が本条に定める条件を遵守することにつき責任を負うとともに、受領者が本条と同等の保護を定める機密保持義務に拘束されることを条件とします。
  2. 例外
    • 前項の定めにかかわらず、前項に定める機密保持義務は、次の情報には適用されないものとします(すなわち、次の情報は機密情報には含まれません)。
      • 受領当事者の責によらず公知であるか、公知となった情報
      • 当該情報の受領前に受領当事者が知得していた情報
      • いかなる機密保持義務にも違反することなく受領当事者が第三者から適法に取得する情報
      • 開示当事者の機密情報を用いることなく受領当事者が独自に開発した情報
    • 前項の定めにかかわらず、受領当事者は、法令又は裁判所の命令により必要とされる限りにおいて、開示当事者の情報を開示できるものとします。ただし、受領当事者が事前通知を行い(法令により認められる場合)、かつ開示当事者との協力により、当該情報について秘密取扱いを取得する努力を払うことを条件とします。

第11条(Optimizely社のテクノロジー)

  1. 所有権及び更新
    • 本契約は、本サービスにアクセスし、利用するためのサブスクリプション契約です。利用者は、自らが取得する本サービスを利用する権利が限定的なものであり、かつ、「購入」や「販売」の語句又は同様の用語のいかなる使用に関わりなく、本契約においていかなる権利も利用者に移転されないことを承認します。
    • 利用者は、Optimizely社及び弊社が、あらゆるOptimizely社のテクノロジー(本規約において秘密情報とみなされます)に関する権利、権原及び利益(全ての知的財産権を含む)の全てを保有し、かつ、本規約において明示的に許諾されない一切のライセンスを留保することに合意します。
    • Optimizelyコードを除いて、本サービスは、オンラインのホスト型製品として提供されます。同様に、利用者は、自らが本サービスに含まれるソフトウェアの複製を取得する権利を有しておらず、また、Optimizely社及び弊社が、自己の選択により、本サービスを随時更新し、バグ修正し、変更し、改良することができることを承認し、これに合意するものとします。
  2. フィードバック
    • 利用者が何らかの提案、コメント、改良、情報もしくはアイデア等のフィードバック、又は関連する資材(以下総称して「フィードバック」といいます。)をOptimizely社又は弊社に提供することを選択した場合、利用者は、Optimizely社及び弊社に対し、その方法を問わず、また、いかなる知的財産権もしくはその他に基づく義務、支払い、又は制限も負うことなく、当該フィードバックを使用し、複製し、開示し、ライセンス許諾し、頒布し、実施するための全世界対象、恒久的、取消不能、サブライセンス可能かつ著作権使用料無料の権利及びライセンスを付与するものとします。
    • 本規約のいかなる条項も、フィードバックを組み込むか、その他によるかを問わず、製品を独自に使用し、開発し、評価し、販売するOptimizely社及び弊社の権利を制限するものではありません。

第12条(賠償)

  1. 利用者は、第三者が、利用者のカスタマーデータ、カスタマープロパティ(これらの属性によって生じる役務及び製品を含む)、第6条に定める義務の違反、その他利用者による本サービスの一切の利用に関連して、Optimizely社又は弊社に対して損害賠償等の請求をした場合、これによりOptimizely社及び弊社に生じた経費、損害、債務及び費用(正当な法定代理人の費用を含み、以下「損害等」といいます。)を補償すると同時に、これらの損害等が拡大しないようにしなければなりません。
  2. 前項に定める第三者からの請求がなされた場合、利用者は、Optimizely社又は弊社の選択に従い、Optimizely社もしくは弊社に代わって、自らの費用及び責任をもって当該請求に対応するか、又は、Optimizely社もしくは弊社による当該請求への対応に最大限の協力をするものとします。但し、この場合において、利用者は、Optimizely社又は弊社の事前の承諾なしに、当該請求に関し、第三者との間で、何らかの合意をしてはなりません。

第13条(免責事項)

  1. 本サービス、Optimizely社のテクノロジー、並びにOptimizely社及び弊社が提供する一切のサービス(以下、本条において「本サービス等」といいます。)は、「現状」および「提供時」の状態でご利用いただきます。
  2. Optimizely社及び弊社は、本サービス等について、明示の有無にかかわらず、また、適法か否かにかかわらず、市場性、作品、特殊目的に対する適合性や一般的でない使用に対する一切の保証を行いません。
  3. Optimizely社及び弊社は、本サービス等が利用者の必要条件もしくは期待を満たすこと、本サービス等により利用者のデータが正確、完全、もしくは消失なしに保持されること、又は、本サービス等が最新、セキュア、中断しない、もしくはエラーのないことについて、いかなる表明、保証、又は保障も行いません。
  4. Optimizely社及び弊社は、セキュリティ手法にエラーがないことを保証せず、自らの妥当なコントロール外である認可外のアクセスについて、いかなる責任又は責務も負いません。
  5. Optimizely社及び弊社は、次のいずれかに基づいて利用者により行われた、又は行われなかった決定又は行為(カスタマープロパティへの変更も含まれます)について、いかなる方法でも責任又は責務を負いません。
    • カスタマープロパティ
    • 第三者の製品
    • 第三者のコンテンツ
    • Optimizely社及び弊社以外のサービス(これらによって引き起こされた遅延、中断、転送エラー、セキュリティ障害、その他の問題が全て含まれます)
    • 利用者から本規約に違反して受け取った規制対象データ
    • 本規約によって認可されたカスタマーデータの収集、使用、及び開示
    • 本サービス等
  6. 利用者は、Optimizely社が事業提携者や下請ではないことを承諾するものとします。
  7. 本条における免責事項は、これと反する事項が本規約の別の条項において記載されていたとしても、適用法令において禁止されない範囲において最大に適用されることとします。この場合において、利用者に他の法的権利が存在し、適用法令のもとで法が要求する何らかの保証があったとしても、法の認める最小の範囲に限定することとします。

第14条(責任制限)

  1. Optimizely社及び弊社は、適用法令によって禁止されない最大の範囲において、全ての使用機会の損失、データの損失もしくは不正確性、業務障害、利益の消失、遅延費用、風聞被害、又は、全ての二次的、専門的、偶発的、補償性の、信用上の、もしくは結果的な損失を含む一切の損害ないし損失について、その可能性について事前に通告されていたにもかかわらず発生したとしても、一切の責任を負いません。
  2. 前項にかかわらず、Optimizely社又は弊社が利用者に対して責任を負う場合、その損害ないし損失の賠償責任は、利用者による請求の12カ月以内に、利用者が本サービスもしくはこれに関連するサービスに関して弊社に対して実際に支払った利用料金の総額を限度とします。
  3. 前項の定めにかかわらず、無料アクセス利用又は課金されないベータ版については、Optimizely社及び弊社の全責任は、総額50USドルを超えないものとします。
  4. 第1項の定めにかかわらず、弊社の故意による不正により、利用者に死亡又は負傷による損害ないし損失が生じた場合、弊社は、第2項及び第3項の定めに従い、損害賠償義務を負います。

第15条(第三者の製品及び統合)

  1. 利用者が第三者の製品を本サービスと組み合わせて使用する場合、それらの製品は、利用者に対して第三者のコンテンツを利用可能にする、又は本サービスの利用者のインスタンス(カスタマーデータも含まれます)へアクセスする可能性があります。
  2. Optimizely社及び弊社は、第三者の製品や第三者のコンテンツ(それらがOptimiezely社又は弊社によって「動作」、「検証済み」その他に指定されているかどうかにかかわらず)に対してサポートや保証を行わず、それらの製品及びコンテンツ、並びに、それらによる本サービスへのアクセス(カスタマーデータの変更、削除、開示、又は収集も含まれます)に対して一切の責任及び責務を負いません。
  3. Optimizely社及び弊社は、本サービスから転送、コピー、又は削除された後のカスタマーデータに対して、いかなる形でも責任を負いません。
  4. 利用者は、本サービスのアドオンプラットフォームを使用して、本サービス以外のアドオンを本サービスととともに使用できます。これらのアドオンは、アドオンプラットフォームのサービス利用条項の対象となります。この条項は現在、https://www.optimizely.com/terms-add-on/で参照できます。

第16条(全般)

  1. 譲渡
    • 本規約は、弊社及び利用者の双方に許可された承継者及び譲受人の利益を拘束し、法的な効力を持ちます。
    • いずれの当事者も、他の当事者の書面による事前の承認なしに、本契約上の権利義務及び本契約上の地位を譲渡できず、また、担保に供することができません。
    • 前各号の定めにかかわらず、弊社は、次のいずれかの場合、利用者の同意なしに、本契約上の権利義務及び本契約上の地位を譲渡することができます。
      • 弊社の関連会社へ譲渡する場合
      • 合併、再編成、買収、その他の理由で、弊社の資産や議決権付株式等を第三者に移転する場合
    • 本契約上の権利義務又は本契約上の地位を、本条項で明示的に認められている以外の方法で移転又は譲渡する試みは、すべて無効となります。
  2. 通知
    • 本規約に基づく通知又は連絡は、全て文書で行われる必要があります。
    • 利用者は、本規約に基づく全ての通知(セキュリティ漏えいの通知も含みます)をsupport-optimizely@dragon.jp宛てに送付する必要があります。
    • 弊社は、利用者に対し、利用者のアカウントの電子メールアドレス、又は利用者の最後に確認された郵送先を選択して、通知を送付することがあります。
    • 前号に定めるほか、弊社は、本サービスに関する運用上の通知、又は他のビジネス関連の通知を、弊社のウェブサイト又は弊社のサービスに明確な形式で投稿する場合もあります。
    • 弊社及び利用者は、電子的な通知を受け取ることをここに合意するものとします。
    • 弊社は、利用者又はそのネットワークプロバイダーが電子メール通知に適用する可能性のある自動フィルタリングについて、責任を負いません。
  3. 公共性

    該当する利用申込書に特記されていない限り、弊社は、利用者の名前、ロゴ、マーク(カスタマープロパティのマークを含みます)を使用して、弊社のウェブサイトや他のマーケティング資料において、利用者をOptimizely社又は弊社の利用者として表示又は識別することができます。

  4. 下請
    • 弊社は、この契約に基づいた本サービスや他の関連サービスを提供するために、下請を使用し、当該下請に対し、弊社に与えられている権利の行使を許可することができます。
    • 前号に定める下請には、本サービスに関するホスティングサービスやCDNプロバイダーが含まれます。
    • 前各号において、弊社は、本規約に記載されている全ての条項と条件に従い、以下の事由について責任を負います。
      • 下請が本規約の条項を遵守すること
      • 本規約に基づいて要求される場合、本サービスの総合的なパフォーマンスが本規約の要求を満たすこと
  5. 召喚令状

    本規約のいかなる部分も、弊社が利用者のデータを、法、召喚令状、又は裁判所命令によって要求される範囲において公開することを妨げるものではありません。ただし、弊社は、そのような行為が許可される限り、利用者へ通知を行うよう、商業的に妥当な労力を払うものとします。

  6. 契約当事者の独立性

    本契約の当事者は独立した契約者であり、本契約がパートナーシップ、合弁事業、雇用関係、フランチャイズ、又は代理関係を形成するものではありません。

  7. 不可抗力

    本契約のいずれの当事者も、ストライキ、封鎖、戦争、テロ行為、暴動、自然災害、電気系統もしくは電気通信、又はデータネットワークやサービスの故障や一部停止、行政令など、合理的な管理を超えた原因により本契約に基づく義務の履行に遅れや障害があった場合、それ対する責任を負うことはありません。但し、利用者の本サービスの利用料金等の支払義務はこの限りではありません。

  8. 修正条項及び権利放棄
    • 弊社は、随時、本規約(本規約のほか、本サービスに関する利用規約、参照ポリシーや他の文書を含み、以下同様とします)の変更、更新又は修正(以下「変更等」といいます。)を行うことができます。この場合、弊社は、事前に、変更等の効力発生時期を定め、かつ、本契約を変更する旨及び変更後の本契約の内容並びにその効力発生時期を、弊社のホームページに掲載するものとします。
    • 弊社が、利用者のサブスクリプション(定期利用)期間中に本契約を変更等する場合、変更等後のバージョンは、以下の点を除いて、利用者の次の本サービスの期間更新時に有効となります。
      • プライバシーポリシーその他規約の変更は、掲示から30日以内に有効となります。
      • Optimizely社又は弊社が新製品や新しい条件の選択受諾が必要となるオプション機能を立ち上げる場合、その条件は、カスタマーの承諾時に適用されます。
      • フリーアクセス・サブスクリプションの場合は、直ちに有効となります。
      • 利用者が変更等後の新しい注文書を受け入れた場合、又は、変更等に引き続いて利用申込書による合意内容の変更があった場合は、直ちに有効となります。
    • 利用者は、変更等がなされた後の本契約の内容を承認しなければなりません。この場合において、利用者が、変更等後のフリーアクセス・サブスクリプションを使用し、又は変更等後のサブスクリプション条件を更新したときは、変更等後の契約内容を承諾したものとみなします。
    • 利用者が弊社による本契約の変更等に同意しない場合、利用者は、本サービスを使用する権利を喪失します。
    • 前各号で定めるほか、本契約の変更等は、各当事者(各当事者のその裁量で)の正式な代表者が署名した書面により行うことができます。
    • 本契約に基づく権利の執行、履行又は不履行は、本契約に基づくその他の権利の放棄を示すものではありません。
    • 本規約に別途定める場合を除き、本規約に定める権利の放棄は、放棄当事者の権限ある代理人により、書面で行われ、実行されなければなりません。
  9. 契約の分離

    管轄権を有する裁判所によって本規約のいずれかの条項が執行不能又は無効であるとみなされた場合であっても、本契約が有効に存続することができるよう、そのような規定は必要最小限の範囲に限定されるものとします。

  10. 第三者の権利の不存在
    • 本規約のいかなる部分も、Optimizely社を除く第三者に本規約の規定を執行する権利を付与するものではありません。
    • 利用者は、各利用申込書が、合法的組織のためにのみに使用し、又は、利用申込書の中で特定された組織のみで使用されることが許可され、関係会社に対しては許可されるものではないことを認識します。
  11. 準拠法、管轄および裁判地
    • 本契約は、日本法に準拠します。
    • 本契約の主題に関連した訴訟は、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社イー・エージェンシー

(附則)
2016年6月1日 制定・施行
2016年7月1日 改訂

以上

mautic is open source marketing automation