サーバーサイドテスト
Full Stack

Optimizely X Full Stackは、
あらゆるチャネル、デバイスでのエクスペリエンス最適化が可能です。

ダイナミック&オムニチャネルでのマーケティング実験が可能に

ダイナミック&オムニチャネルでのマーケティング実験が可能に

Optimizely X Full Stackでは、サーバーサイドでのダイナミック実験が可能になりました。
また、iOTを始めとした、オムニチャネル・マルチデバイスに対応することも可能になり、 これまで実現が困難だった、マルチデバイスでのユーザーターゲティングも実現することが可能となります。
インターネットの通信があり、対応言語で構築されたシステムであれば、マーケティング実験が可能です。

サーバーサイドで行われる複雑な実験を実現

金額変更テスト

ユーザーごとに提供する金額を変更するテストにFull Stackは適しています。

金額変更テスト

アルゴリズムテスト

検索アルゴリズム等、システム内のあらゆるアルゴリズムに対してテストを行うことが可能です。

アルゴリズムテスト

パフォーマンステスト

処理・表示スピードなどのシステムパフォーマンスを指標としてテストいただくことで、最も優れた機能パターンを見つけていただけます。

パフォーマンステスト

大規模デザイン変更テスト

構成の複雑なWebサイトにてデザインを大きく変更するテストを作成する際、サーバーサイド処理にてテストパターンを作成する方が作業が容易になる場合があります。

大規模デザイン変更テスト

段階的ロールアウト

新機能をリリースする際、全体のうち数%、もしくは特定のセグメントにのみ公開し、効果検証ののち全体リリースを行う段階的ロールアウトにもFull Stackをご活用いただけます。

段階的ロールアウト

サーバーサイドテストの機能について詳しい資料をダウンロード

多くの主要なプラットフォームで使われる言語が使用できます。

  • Node
    Node
  • Python
    Python
  • Ruby
    Ruby
  • JavaScript
    JavaScript
  • PHP
    PHP
  • C#
    C#
  • Java
    Java

信頼できる実験プラットフォーム

オープンプラットフォーム

プラグイン可能なコンポーネントを備えたオープンソースのSDKは、ネットワーク活動を制御し、独自の分析パイプラインと結合することができます。

性能重視の設計思想

OptimizelyのSDKは、実験では遅延に影響を与えないようにメモリ内にユーザーをバケットします。性能重視のコードパスで実験を自由に行えます。

計測可能なアーキテクチャ

世界中の何千ものお客様が使用しているOptimizelyのリアルタイムイベント収集サーバーにより、すぐに実験結果を得ることができます。
信頼できる実験プラットフォーム

Full Stack 導入企業

  • IBM
  • tripping
  • BROOKS
  • hotwire
導入事例を見る

Optimizelyについて、まずはお気軽にお問い合わせください