ウェブサイトテスト
Web Experimentation

Optimizely X Web Experimentationは、
ウェブサイトのエクスペリエンスを向上させる世界で最も優れたツールです。

マーケティング実験でイノベーティブな意思決定を

マーケティング実験でイノベーティブな意思決定を

A/Bテストのデータに基づいたマーケティング実験は、リスクを低減しながらイノベーションを起こす合理的な手段です。
マーケティングチームが広告費を活用する最も良い方法を理解するために、また、製品チームが最も魅力的な製品の エクスペリエンスを構築する方法を学ぼうとするなど、組織内の全員があらゆるエクスペリエンスを改善できます。

ユーザーエクスペリエンスの最適化を促進

多彩なテストの機能が搭載

ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス最適化のために必要な、多くの機能が用意されております。
テストの発動条件となる場所、時間、参照元や任意のタイミングでのターゲティングが可能です。 結果の指標となるPV、クリック、カスタム可能な目標をツール上で簡単に設定ができるなど、 あなたのアイデアを実現する多彩な機能が用意されております。

ユーザーエクスペリエンスの最適化を促進
テストの高速化を実現可能

テストの高速化を実現可能

都度、本番環境を触る必要がなく、簡単にA/Bテストの設定ができるため、短時間でテストを回すことが可能です。
結果から考察した次のテストを手間なくスタートさせることで、高速にPDCAを回すことができます。

テストの高速化を実現可能

実験結果の信頼性
 (統計エンジン:Stats Engine)

T検定のような従来の統計手法で複数のバリエーション、複数の目標を設定しリアルタイムで結果を見てしまうと、OptimizelyのStats Engineと比較しして5倍以上という高い割合で誤った勝敗結果を算出してしまう傾向があります。
Stats Engineは、従来のT検定等ではなくベイズ統計を採用、また偽陽性検出率コントロール処理を組み入れることで、 速度パフォーマンスを落とすことなく、結果の正確性を改善しました。

Stats Engine

ウェブサイトテストの機能について詳しい資料をダウンロード

すべてのお客様に満足のいくソリューション

Wistia video thumbnail

コード不要なビジュアルエディター

コーダー、エンジニアがいない場合でも、クリックだけでデザインの変更を行うことが可能な ビジュアルエディターで実験を作成することが出来ます。

ターゲットに最適化された
エクスペリエンス

広告キャンペーン、地域、Cookie、またはその他のさまざまな訪問者やユーザーをターゲティングして、実験のバリエーションを提供します。

顧客インサイトの発見

デバイス、ブラウザ、キャンペーン、または任意のカスタムセグメンテーションによる実験結果の セグメンテーション分析を行うことが出来ます。

Optimizely 導入企業

Optimizely 導入企業 Optimizely 導入企業

導入事例を見る

Optimizelyについて、まずはお気軽にお問い合わせください