リダイレクト実験:個別URLのテスト | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2017年02月24日

リダイレクト実験:個別URLのテスト

Optimizelyでのリダイレクトテストの方法についてご案内します。

この記事は次のことに役立ちます。
■Optimizely で訪問者を 1 つの URL から別の URL にリダイレクトする実験のリダイレクト(URL テストの分割)を設定する
■A/B テストを使用して 2 つの個別の URL(2 つのランディングページなど)を比較する
■元のページとリダイレクトページの両方で目標を追跡できることを確認する
■リダイレクトバリエーションが結果ページで 0 コンバージョンをレポートする場合がある理由を理解する
■URL を変更する実験の作成、またはその他の高度なリダイレクト

リダイレクト実験機能は、他の Optimizely A/B 実験とは少し異なります。リダイレクト実験を作成する場合は、このチェックリストを使用して、正しく設定したことを確認してください。
この記事の各セクションを使用すると、このチェックリストによってリダイレクト実験を設定できます。

チェック対象 セクション
基本設定
バリエーションメニューから [新しいページにリダイレクト] を選択します。
設定
URL ターゲット設定の無限ループ
URL ターゲット設定で、オリジナルの URL とリダイレクト URL の両方が取得されないことを確認します。
URL ターゲット設定
目標
リダイレクトページでクリック目標を追跡する場合は、目標ターゲット設定を設定します。
クリックの追跡(目標ターゲット設定)

リダイレクトバリエーションの設定

訪問者を別のページにリダイレクトするバリエーションを作成するには、次の手順に従います。

1. 新しい実験を作成し、URL としてテストするいずれかのページを選択します。これは、「元の」バリエーションとなります。

2. バリエーションメニューをクリックし、[新しいページにリダイレクト…] を選択します。

3. この実験でテストする他のページ(リダイレクトさせたいページ)の URL を入力します。トラフィックの割り当てに基づいて、訪問者は入力した URL のいずれかに転送されます。

【注意事項】
リダイレクトページをロードする場合、エディターでそのページを編集することはできません。ページを編集できないことを示すプロンプトが表示されます。リダイレクトページでクリックを追跡する必要がある場合は、クリック追跡に関する記事の目標ターゲット設定のセクションを参照してください。

4. URL ターゲット設定を設定する場合は、リダイレクトページをターゲットにしたり、元のページとリダイレクトページの両方をターゲットにする部分文字列一致を使用したりしないでください。これらのいずれかを行った場合、リダイレクトの無限ループが発生し、実験がアクティブになりません。
例)
myfakesite.com/lp1 と myfakesite.com/lp2 の間でリダイレクトテストを実行している場合、 myfakesite.com の部分文字列一致は使用しないでください。ほとんどの場合、元のページの URL で単純一致を使用します。

5. クエリーパラメーターを含むリダイレクト
新しいページにリダイレクトするときに保持する動的パラメーターを含む URL がある場合は、[含まれているライブクエリーパラメーターでリダイレクト] オプションをクリックします。たとえば、訪問者が example.com/original-page/?test=true に到達し、バリエーションにリダイレクトされる場合は、example.com/redirect-page/?test=true にリダイレクトされます。
この設定が選択されていない場合、訪問者は追加のクエリーパラメーターなしで example.com/redirect-page にリダイレクトされます。

6. 元のページとリダイレクトページで目標を追跡する場合、このプロセスについて説明している次の「リダイレクトページでのクリックの追跡」のセクションを参照してください。

【重要】
元のページとバリエーションでリダイレクトするページの両方に Optimizely スニペットがあることを確認してください。新しいページにスニペットがない場合、一部の訪問者が追跡されない可能性があります。
異なるドメインにリダイレクトする実験では、それらのリダイレクトされた訪問者の追跡問題が発生する可能性があります。

リダイレクトページでのクリックの追跡(目標ターゲット設定)

1 つのページとリダイレクトされたページ間で要素のクリックを比較する場合は、目標ターゲット設定を使用して、Optimizely が元のページとリダイレクトページの両方でクリックを追跡することを確認してください。

【重要】
実験を開始し、リダイレクトバリエーションがコンバージョンを記録していないことに気付いた場合、ほとんどの場合は目標ターゲット設定が正しく設定されていません(またはまったく設定されていません)。
目標ターゲット設定の詳しい設定方法については、次のセクションを参照してください。

1. エディターで元のページに移動します。エディターの右上で [目標] アイコンをクリックします。

2. [新しい目標の作成] をクリックします。

3. 目標の追跡ダイアログで、ドロップダウンメニューから [クリック目標] を選択し、目標に名前を付けます。

4. クリックを追跡する要素を選択します。 [展開]をクリックしてページ全体を表示し、さらに必要な要素があるかどうかを確認します。

5. 元のページで追跡する要素を選択します。要素は赤色で強調表示されます。赤色のボーダーが周囲に表示されます。

6. リダイレクトページにある要素を追跡する場合、[以下のプレビューに使用する URL] をリダイレクトページの URL に変更してページを表示します。

7. リダイレクトページで追跡する要素を選択します。要素は赤色で強調表示されます。

8. ページを展開していた場合は、 [展開]をクリックして元に戻ります。

9. ウィンドウの下部にある [詳細設定] をクリックして、開きます。

10. [目標ターゲット設定] の下で、[この目標を追跡するカスタムページを指定] を選択し、元のページとリダイレクトページの URL を入力します。+ ボタンを使用して URL を追加します。

【注意事項】
これらの手順で行われている内容は、次のとおりです。デフォルトでは、すべてのクリック目標は実験のターゲット条件を満たすページでのみ追跡されます。ターゲット条件の外部にあるページでクリック目標を追跡する場合は、これらのページを手動で指定する必要があります。

11. URL ターゲット設定と同じ一致タイプ条件、つまり単純一致、部分文字列一致、完全一致を使用できます。ただし、リダイレクト実験では、通常は元のページURL およびリダイレクトページ URL の単純一致を使用します。

12. [保存] をクリックします。元のページとリダイレクトページの両方で目標が追跡されるようになりました。

【重要】
実験の目標を作成する前に、Optimizely スニペットが目標を追跡するすべてのページに追加されていることを確認します。

他のリダイレクトのブロック解除

デフォルトでは、リダイレクトを設定すると、リダイレクトの無限ループが発生しないように、Optimizely ではその他のリダイレクトが 5 秒間ブロックされます。このエラーは、たとえば、リダイレクトテストを www.example.com/originalからwww.example.com/redirectに設定し、URL ターゲット設定を www.example.comの部分文字列一致に設定した場合に発生することがあります。

元ページとリダイレクトページの両方がターゲット条件を満たすため、無限リダイレクトループがトリガーされます。この 5 秒間チェックを行わず、リダイレクトされるサイトの一致が URL ターゲット設定に含まれていないことが確実である場合は、[コードの編集] 機能で値「_optimizely_redirect」を「_optimizely_redirect_no_cookie」に変更して、これを無効にすることができます。

高度なリダイレクト

開発者向けドキュメントでは、次のような、コード編集ボックスへのカスタムコードの追加を含むリダイレクト実験の高度な使用事例について説明しています。

・新しい URL に訪問者をリダイレクトし、クエリーパラメーターを追加する
・新しいパスに訪問者をリダイレクトするが、残りの URL を保存する
・新しいドメインに訪問者をリダイレクトするが、残りの URL を保存する
・ハッシュパラメーターの保存時に新しい URL に訪問者をリダイレクトする

1. 元のページとして使用するページをロードします。複数のページを変更する場合は、1 つだけをランダムに選択して、エディターにロードします。

2. バリエーションメニュー > [新しいページにリダイレクト…] をクリックします。
ダイアログが表示されたら、サンプル URL をそのままにして、[ライブクエリーパラメーターが挿入されたリダイレクト] チェックボックスをオフにします。

3. ページの下部にある [コードの編集] ボックスをクリックし、開発者向けドキュメントのコードを入力して、必要な場所でダミーテキストを置換します。

【重要】
コードサンプルを使用する場合は、コードの /* _optimizely_redirect=http:// */の部分を保持してください。これは、Optimizely にこの部分がリダイレクトバリエーションであることを示すために必要です。「カスタム」部分は任意の代替文字列(エディターでポップアップに表示されます)に置き換えることができますが、http(s)プロトコルは重要です。

【注意事項】
新しい URL パラメーターを追加する場合は、現在ロードされている URL に追加されるので注意してください。現在ロードされている URL にすでに URLパラメーターがある場合は、「&」を使用する必要があります。ない場合は、「?」を使用する必要があります。Optimizely でプレビューを行う場合、Optimizely では独自の URL パラメーターが使用されるため、実験がライブで実行されている場合、それらのパラメーターがないことに注意してください。

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

GTMでOptimizelyタグとGAタグ両方を配信して連携を行う方法(Optimizely X)
投稿日: 2017年03月10日
Optimizely社公式の拡張機能を利用して編集画面への読み込みを補助する方法
投稿日: 2017年03月03日
スケジューラー機能の使い方(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日
訪問者グループの作成条件と種類(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日
Optimizely⇒UA_GTM 連携方法について
投稿日: 2017年01月10日

ヘルプのよく読まれている記事