テストバリエーションを実験開始せずに実際の画面で確認する | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2017年02月24日

テストバリエーションを実験開始せずに実際の画面で確認する

Optimizelyの実験バリエーションを作成中、または作成した後に、実験を開始しないで実際の画面に反映して確認する方法があります。
実験対象ページのURLにクエリーパラメーターを追加することによって、実験バリエーションのプレビューをする方法をご案内いたします。

このページで説明する概要

実験を開始する前に、エディタで作成したバリエーションが期待通りの表示ができているかの確認が必要です。
エディター上ではなく実際の画面でクエリパラメーターを使用することによって、実験を実行しなくても、実験のバリエーションを確認することができます。

また、Optimizelyは、以下の特定の変化を見ることができるクエリパラメータを持っています。

  • バリエーションのイベントトラッキングをチェック
  • Javascriptのログを作成
  • すべてのOptimizelyコードを完全に無効に

クエリパラメーターを使用するためのOptimizely設定

Optimizelyは、当初、クエリパラメーターでの表示に関する設定が無効になっており、動作しませんので、設定を有効にする方法をお知らせいたします。

設定方法

  • [ホーム]画面から[設定] – [プライバシー]をクリックします。
  • 「強制バリエーションパラメーターを無効にする」のチェックを外します。

    parameter02

上記の設定は、テストのデバッグを行う際に行ってください。確認が終わりましたら、チェックを戻すことをおすすめします。

クエリーパラメーター

これから説明するクエリーパラメーターは、Optimizelyスニペットが入っていないと動作しませんのでご注意ください。
基本的な構文は以下となります。

A/Bテストの特定のバリエーションを見る方法

?optimizely_x[実験ID]=[バリエーションNo]

例:https://optimizely.e-agency.co.jp/?optimizely_x0123456789=1

  1. 実験IDとは、実行したい実験のエディタのページで表示されるURLの末尾10桁の数字です。

    parameter01
  2. バリエーションNoとは、バリエーションの番号で、オリジナルは「0」、バリエーション#1は「1」、バリエーション#2は「2」となります。

多変量テストの特定のバリエーションを見る方法

?optimizely_x[実験ID]=[セクション1のバリエーションNo]_[セクション2のバリエーションNo]_[セクション3のバリエーションNo]

例:https://optimizely.e-agency.co.jp/?optimizely_x0123456789=1_0_2

ブラウザコンソールでJavascriptのログを作成する方法

?optimizely_log=true

例:https://optimizely.e-agency.co.jp/?optimizely_log=true

テストが実行されているページで、Optimizelyを無効にした表示を行いたい場合

?optimizely_disable=true

例:https://optimizely.e-agency.co.jp/?optimizely_disable=true

実行されているテストの実験に入らずにページを確認できます。

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

GTMでOptimizelyタグとGAタグ両方を配信して連携を行う方法(Optimizely X)
投稿日: 2017年03月10日
Optimizely社公式の拡張機能を利用して編集画面への読み込みを補助する方法
投稿日: 2017年03月03日
スケジューラー機能の使い方(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日
訪問者グループの作成条件と種類(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日
Optimizely⇒UA_GTM 連携方法について
投稿日: 2017年01月10日

ヘルプのよく読まれている記事