オンラインマーケティングとは? | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2016年09月15日

オンラインマーケティングとは?

タグ :

オンラインマーケティングは、自社のブランド、製品、またはサービスに関するメッセージを潜在的な顧客に広めるためにウェブベースの販路を活用することです。
オンラインマーケティングは、メール、ソーシャルメディア、ディスプレイ広告、検索エンジン最適化など、多くの手段や技術を使用して行います。
マーケティングの目的は、人々がオンラインで読み、検索し、買い物し、ソーシャル共有するために時間を費やしているチャネルを通して、潜在的な顧客に接触することです。

オンラインマーケティング独特の利点や課題

ビジネスや個人でインターネットを使用する習慣が広まるにつれて、広告やマーケティングに利用できる前述のような新しいチャネルが生まれてきました。
主としてデジタルメディアを使用して興味を引き、エンゲージメントを生み出し、仮想的な訪問者から仮想的な顧客へのコンバートを目指すというオンラインマーケティングには、独特の利点や課題となる点があります。

オンラインマーケティングは、印刷物、掲示板、テレビ、ラジオなどのメディアによる広告を使用した従来のマーケティングとは異なります。

オンラインマーケティングというチャネルが登場する前、製品やサービスを市場に売り出すには莫大な費用がかかり、結果を予測することも困難でした。
たとえば、全国的なテレビ広告キャンペーンを測定する場合は、消費者のフォーカスグループを通してブランドの認知度を判断します。
また、こうした手法は、対照実験を行うことにも適しません。
今日では、オンライン企業(さらに大部分のオフライン企業)は、ウェブサイトを作り、費用をかけずに、または少額の費用で顧客獲得キャンペーンを実施するだけで、オンラインキャンペーンに参加できます。このようなマーケティング製品やマーケティングサービスには、最適化の実験を行えるという特徴があるため、キャンペーンの効率とROIを微調整できます。

オンラインマーケティングの利点

企業や製品のマーケティングにオンラインチャネルを使うことの利点は、特定のチャネルの効果を測定できることです。また、訪問者がウェブサイトやランディングページのエクスペリエンスをどのように操作して顧客になったのかを把握することもできます。訪問者から有料の購入者にコンバージョンした顧客についてさらに分析すれば、どのチャネルが価値の高い顧客を獲得するのに効果的かを判断できます。

ウェブやモバイルアプリのエクスペリエンスを分析すると、次の点を判断するうえで役立ちます。

  • 高いコストパフォーマンスで顧客を獲得できたのはオンラインマーケティングのどのチャネルか(訪問者から顧客へのコンバージョン率と、それらの訪問者のコストに基づいて算出する)。
  • 顧客を獲得し、そのLTVを高める効果が高いチャネルはどれか(たとえば、以前の顧客にリピート購入を促す電子メールマーケティング、など)。
  • エンゲージメント行動が強く表れ、アップセルの可能性が高い顧客群はどれか(たとえば、高いエンゲージメントでより多くの製品を顧客に販売できる見込みのあるソフトウェアやモバイルアプリ、など)。

オンラインマーケティングツール

強力なオンラインマーケティングプログラムを構築し維持するために使用できるツールは、いくつもあります。

  • Eメールマーケティング
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • 検索エンジン最適化(SEO)
  • ディスプレイ広告
  • 検索エンジンマーケティング(SEM)
  • イベントとオンラインセミナー
  • A/Bテストとウェブサイト最適化
  • コンテンツマーケティング
  • ビデオマーケティング
  • マーケティング分析
  • マーケティングの自動化
  • 顧客関係の管理(CRM)
  • コンテンツ管理システム(CMS)

オンラインマーケティングの例

オンラインマーケティングのキャンペーンの例には、次のものが含まれます。

CanonはGoogle、Yahoo、およびBingといった検索エンジンで「写真」に関するキーワードに対して広告を出し、関連する訪問者グループに対してカメラのマーケティングを行います。
WholeFoodsは、自社のウェブサイトでEメールアドレスを収集し、新製品、セール、および店舗イベントについて宣伝します。
Doveは、ビデオ広告を作成してFacebookやTwitter、その他のソーシャルネットワークで共有し、自社のブランドや製品についての好ましい情報をプロモーションします。
オンラインマーケティングは、ビジネスがインターネット経由で存在感を高め、訪問者グループを構築するための多くの機会を作り出します。
しかし、これらのマーケティングの手法には、特有の課題があります。まず、目的の訪問者グループに対するメッセージやコンテンツ配信の視覚的な性質により、マーケティングが個人的なものにならない場合があります。
マーケティング担当者は、顧客のニーズや好みを十分に理解した事柄に基づき、オンラインマーケティングの戦略を伝える必要があります。このような目的で、アンケートやユーザーテスト、個人的なやり取りといった技術を使用できます。

オンラインマーケティングは、行っている企業が多く、競争が激しいこともあります。地元と遠方の市場の両方で品物やサービスを提供できる機会として力をもたらしますが、競争も非常に激しくなる場合があります。
オンラインマーケティングに投資をしている企業は、自社の製品やサービスをオンラインでマーケティングするビジネスの数が多いため、訪問者の注目を得ることを難しく感じるかもしれません。
マーケティング担当者は、様々なチャネルでマーケティングキャンペーンをテストして構築する上で、バランスの取れた独自の価値の提案とブランド声明を作り上げる必要があります。

開始する方法

オンラインマーケティングを開始する上での最初のステップは、目標を評価し、それが測定可能であることを確認することです。目標は100人の新しい顧客登録を獲得することですか?B2Bの販売プロセスを促進するため、1,000人の見込み客を作り出したいですか?10,000人のEメール登録者のベースを構築したいですか?

それから、その目標を達成する上で役立つオンラインプレゼンスを構築する方法について、選択を行う必要があります。eコマースのサイトを設定する必要があるかもしれません。
コンテンツを公開して、認知度を高め、購読者を増やすことに関心があるなら、ブログのセットアップを考慮できます。
見込み客を獲得するためのフォームを備えた簡単なウェブサイトやランディングページは、ブランドの構築とトラフィックの生成を開始する上で役立ちます。
基本的な分析プラットフォーム(無料のGoogle Analytics など)は、最初の目標にどれほど近づいているかについて、計測を開始する上で役立ちます。

あいまいさ回避

オンラインマーケティングは、インターネットマーケティング、ウェブマーケティング、デジタルマーケティング、および検索エンジンマーケティングとしても知られます。オンライン広告やインターネット広告は、オンラインマーケティングを行う際の技術の1つですが、オンラインマーケティングの同義語ではありません。

Optimizelyを使って今すぐウェブサイトをテスト!

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

セキュリティ
投稿日: 2016年10月27日
多変量テストとは?
投稿日: 2016年10月27日
スプリットテストとは?
投稿日: 2016年10月27日
A/B テストと多変量テストの比較
投稿日: 2016年10月27日
ランディングページの最適化
投稿日: 2016年10月24日

ヘルプのよく読まれている記事