外部JavaScriptをテストページに読み込ませる方法 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2016年01月14日

外部JavaScriptをテストページに読み込ませる方法

テストバリエーションに外部JavaScriptを読み込むには、通常のリンク方法では読み込むことができません。
外部Javascriptを読み込む方法について、サンプルコードを用いてご案内いたします。

実装できない例

<script type="text/javascript" src="http://example.com/js/hoge.js">

OptimizelyグラフィックエディターのHTMLの編集やコードの編集エディターにて、直接上記のように記述してもエラーになり実装できません。

実装可能な例

コードの編集エディターにて、下記のように記述頂く事で実装が可能です。

$(function(){
  var fileRef = document.createElement('script');
  fileRef.setAttribute("type","text/javascript");
  fileRef.setAttribute("src", "http://example.com/js/hoge.js");
  document.body.appendChild(fileRef);}
);

利用例

例えば、SNSのシェアボタンのレイアウトを変えるテストを行う場合、外部スクリプトの書き替えが必要になることがあるかと存じます。今回ご紹介した方法がお役に立つかと思います。
ご利用頂くことで、バリエーション表現の幅を広げて頂く事ができるのではないでしょうか。

お試し下さいませ。

参考URL : https://community.optimizely.com/t5/Using-Optimizely/Loading-external-scripts-through-Optimizeley-social-media/td-p/1632

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

Optimizely⇒UA_GTM 連携方法について
投稿日: 2017年01月10日
SNS ボタンのクリック目標の計測
投稿日: 2016年09月26日
リダイレクト実験:個別URLのテスト
投稿日: 2016年09月16日
CSSだけでテスト作成 : テストバリエーションにのみ適用されるCSSを書く方法
投稿日: 2016年09月16日
テストの実装でよく使われる jQuery の機能のご紹介 vol2
投稿日: 2016年09月14日

ヘルプのよく読まれている記事