旧Google AnalyticsとOptimizelyの連携方法 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2017年02月24日

旧Google AnalyticsとOptimizelyの連携方法

タグ :

ご利用のサイトで使用しているアクセス解析タグが「旧Google Analytics」の場合に、Optimizelyと連携する方法についてご案内いたします。

上記に当てはまらない場合はこちらへ
Optimizelyタグ、GAタグが共にページに直貼りの場合
Universal Analyticsの場合
Optimizelyタグが直貼り、GAタグがGTM経由の場合
用意されたGAタグを使用している場合
カスタHTMLタグでGAの記述をしている場合
OptimizelyタグがGTM経由の場合
Optimizely、GA共にGTM経由での配信の場合

前提条件

現在Optimizelyでは、次のような最新バージョンのGAトラッキングコードのみをサポートしています。

  • 現在、「_gaq」を使用する最新のトラッキングコードのみがサポートされています。
  • GAのトラッキングコードは、ページの<head>セクション下部に配置されている必要があります。 Optimizelyスニペットは、GAタグよりも上にないと旧Google Analyticsとの統合が正常に機能しません。
  • OptimizelyとGoogle Analyticsの統合のためにカスタム変数を使用します。別の実験、または他で使用されていないスロット番号を各実験ごとに選択します。
  • Optimizelyで実験が実行されていることを確認してください。

Optimizelyの設定

Optimizelyの「ホーム」画面から、[統合]タブをクリックしてください。
表示されたリストから[Google Analytics(クラシック)]を選択し、右サイドバーに表示された詳細画面のボタン[オン]をクリックしてください。

ga-02

Google Analyticsとの統合を有効に

ga-03

各実験ごとにGoogle Analyticsとの統合を有効にする必要があります。
エディタでその実験に行き、[オプション] – [統合]をクリックし、[Google Analytics(クラシック)]のチェックを入れ、[適用]をクリックしてください。

複数のGoogle Analyticsタグを導入している場合

複数のGAタグを導入している場合、それらのひとつと統合することができます。
通常Optimizelyでは、デフォルトのトラッカーを使用しますが、[カスタムトラッカー(オプション)]を指定することにより他のトラッカーを選択することができます。

次の例では、アカウント[UA-65432-1]は、デフォルトのトラッカーによって監視されているため、Optimizelyの実験データを受け取ります。
アカウント[UA-65432-2]は、トラッカー「T2」によって追跡されているため、実験データを受け取れません。

Google_Analytics3

同時に複数のGoogle Analyticsアカウントを使用した場合の詳細については、以下のページをご覧ください。

※英語のみ
http://code.google.com/apis/analytics/docs/gaJS/gaJSApi_gaq.html
http://code.google.com/apis/analytics/docs/tracking/asyncUsageGuide…

GAでのデータの見方

  1. [レポート]タブをクリックし、左上隅にある[+セグメント]をクリックします。

    ga-04

  2. 新しいセグメントを作成し、[詳細 – 条件]をクリックします。

    ga-05

  3. Optimizelyの実験のためのキーを設定します。Optimizelyの実験のためにカスタム変数のスロットを選び、そのスロット番号の[カスタム変数(キーX)]を、ドロップダウンからクリックして選択してください。

    ga-06

  4. 右の入力エリアに「Optimizely」と入力すると、有効な実験が読み込めていればリストが表示されますので、読み込みたい実験名を選択します。
    ※GAで自動でリストが表示される機能は、スニペットを設置し、GAとの統合を有効にしてから24時間程かかる場合があります。

    ga-07

  5. キーに対応する値を設定するには、[AND]条件を使用して別の指標を追加します。

    ga-08

    実験の指標である変数Xに対応している、[カスタム変数(キーX)]を選択してください。
    例えば、実験に値01を選択した場合は、再度、[カスタム変数(キー01)]を選択します。

    ga-09

  6. 入力エリアをクリックして、バリエーション名を選択または、入力します。

    ga-10

  7. この手順を実験の各バリエーションごとに追加していってください。
    最後に、[保存]ボダンをクリックすると、新しいアドバンスセグメントを表示することができます。

  8. カスタム変数を見るためには、[ユーザー] – [カスタム] – [カスタム変数]をクリックしてください。これで、あなたが設定したさまざまなカスタム変数が表示されます。

    ga-12

    • 実験の名称は「Optimizely_[実験タイトル]」と28文字以内に切り捨てられて表示されます。バリエーション名は最初の24文字に切り捨てられます。日本語を含む実験とバリエーション名はGoogleアナリティクスに正しく表示されない場合があります。
    • 多変量テストでは、4バリエーションのタイトルまでそれぞれが切り捨てられます。
    • カスタム指標を選択した場合、データが関連性の高いOptimizely実験/バリエーションの組み合わせに分割されます。

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

Optimizely X と Ptengine の連携方法(Optimizely X)
投稿日: 2017年05月15日
GTMでOptimizelyタグとGAタグ両方を配信して連携を行う方法(Optimizely X)
投稿日: 2017年03月10日
Optimizely社公式の拡張機能を利用して編集画面への読み込みを補助する方法
投稿日: 2017年03月03日
スケジューラー機能の使い方(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日
訪問者グループの作成条件と種類(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日

ヘルプのよく読まれている記事

mautic is open source marketing automation