編集画面へページを読み込みたい | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2017年02月24日

編集画面へページを読み込みたい

タグ :

Optimizelyの編集画面にページを読み込むことができない場合下記の3点を確認して下さい。

1.スニペットコードの貼り付け
2.盾マークをクリックして読み込む
3.インラインフレーム(iframe)に読み込める

1.スニペットコードの貼り付け

実験を行いたいWEBサイトのHTMLにスニペットコードが貼り付けられていないと、実験を開始することができないので、まずは、スニペットコードが正しく貼り付けられているのか確認しましょう。

スニペットコードの確認方法

ホームの設定からスニペットコードを確認することができます。

Optimizelyページ1

<script src=~> から始まるものが、スニペットコードです。

2.盾マークをクリックして読み込む

ページが上手く読み込めない際、ブラウザーのアドレスバー右側に盾アイコンが表示されている場合があります。
盾アイコンをクリックし、ポップアップに表示される[安全でないスクリプトを読む込む]
をクリックします。

Optimizelyページ2

ビジュアルエディターにページが再度読み込まれ、ページが表示される場合があります。

3.インラインフレーム(iframe)に読み込める

Optimizelyのビジュアルエディターはインラインフレーム(iframe)になっています。
なので、サイトがインラインフレームに(iframe)で読み込まれないように構築されている場合、編集画面にページを読み込むことが出来ません。
Javascriptでインラインフレームに(iframe)に読み込めないように制御されているなら、その処理を解除していただくことで、Optimizelyのビジュアルエディターに読み込めるようになります。
上記の対応が不可能な場合は、編集画面上でのビジュアルエディターを用いた編集はできません。
ですが、バリエーションコード内に直接jQueryを用いてJavascriptで記述していただくことで、テストの実施自体は可能です。

Optimizelyページ3

以上3点が、Optimizely編集画面にページを読み込むことができない場合の確認事項になります。

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

GTMでOptimizelyタグとGAタグ両方を配信して連携を行う方法(Optimizely X)
投稿日: 2017年03月10日
Optimizely社公式の拡張機能を利用して編集画面への読み込みを補助する方法
投稿日: 2017年03月03日
スケジューラー機能の使い方(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日
訪問者グループの作成条件と種類(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日
Optimizely⇒UA_GTM 連携方法について
投稿日: 2017年01月10日

ヘルプのよく読まれている記事