結果画面 デフォルトセグメント | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2017年02月24日

結果画面 デフォルトセグメント

Optimizely結果画面のデフォルトセグメントについてご案内いたします。

デフォルト・セグメント

デフォルトで用意されているセグメント

 【ソースタイプ】:キャンペーン、検索、紹介、直接
 【ブラウザー】:各種ブラウザー
 【モバイルからの訪問者】:モバイル、モバイル以外
 【キャンペーン※(エンタープライズユーザーのみ)】:キャンペーンソースタイプ

各セグメントについて説明いたします。

ソースタイプ

キャンペーン

ランディングしたURLに’utm_campaign’ 、’utm_source’、 ‘gclid’ 、 ‘otm_source’といったクエリパラメータが含まれていた場合、このソースタイプにセグメントされます。

検索

Google、Yahoo、Bing、 Baidu経由でランディングし、かつキャンペーンセグメントに含まれるようなクエリパラメータが何もないユーザーがセグメントされます。

紹介

異なるURLからランディングし、かつキャンペーンや検索のソースタイプに当てはまらないユーザーがセグメントされます。

直接

外部参照元を持たずにランディングしたユーザーがセグメントされます。

モバイル

モバイル端末を利用しているユーザーをセグメントします。タブレットも含みます。

キャンペーン※(エンタープライズユーザーのみ)

クエリパラメータのutm-campaignが持つ値によりセグメントします。例えば、キャンペーンキーワードがholiday_saleのもののみセグメントして表示することが可能です。
※表示できるキーワードの文字数は20文字までであり、それより長いキーワードは表示名が切れてしまい複数似たキーワードがある場合判別しにくくなる可能性がありますのでご注意ください。

参考URL : Segment your results : https://help.optimizely.com/hc/en-us/articles/203684114-Segment-your-results#default

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

結果画面のセグメントの種類とカスタムセグメント(Optimizely X)
投稿日: 2017年03月29日
トラブルシューティング:ゴールが正しく計測されないとき(2) スニペットの有無、該当テストの実行ステータスの確認
投稿日: 2016年09月12日
トラブルシューティング:ゴールが正しく計測されないとき(1) ブラウザの開発者ツールを利用した手順
投稿日: 2016年09月12日
トラブルシューティング:ゴールが正しく計測されないとき(1) ブラウザの開発者ツールを利用した手順 / 動画版
投稿日: 2016年09月12日
結果画面の共有の仕方
投稿日: 2016年01月26日

ヘルプのよく読まれている記事

mautic is open source marketing automation