実験開始前に、実装したバリエーションをテスト配信して最終確認を行う方法 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2017年02月24日

実験開始前に、実装したバリエーションをテスト配信して最終確認を行う方法

Optimizelyで、A/Bテストを行う際に、実際に実験を廃止してしまったら意図した表示にならなかった、キチンと計測が取れていなかったということは避けたいものです。

そのようなミスを未然に防ぐ為に、設定完了後は実際にテストパターンをテスト配信し、最終確認を行いましょう。

そのまま実験を開始してしまうと当然ながらエンドユーザーにもテストパターンが見えてしまいます。

そこで、URLターゲット設定を利用し、配信対象となるURLにパラメータを付け加える事により確認用のURLを設定します。

20150426_06

パラメータ設定前後では、下記のようになります。

配信対象 URL : http://www.example.com/

パラメータ設定後 : http://www.example.com/?test

パラメータの test の部分は何でも構いませんが、第三者に特定されないような文字にしましょう。

既にパラメータが存在する場合は、&testをURLの最後につける形になります。

一致させるタイプは、「完全一致」を設定し、指定のURL以外では表示されないようにします。

これで設定は完了です。後は、パラメータをつけたURLにアクセスする事で実際にサイトにテストパターンを配信した状態で確認を行えます。

複数テストパターンがある場合は、「トラフィックの割り当て」から各パターンの配信率を100%し、1つ1つを確実に確認しましょう。

サーバによっては、意図しないパラメータが追加された場合URLが変更、またはリダイレクトされてしまう等の設定がされている場合があります。

そのような場合には、この方法では確認が行えませんので、ファイルを複製する等により確認用のページを作成し、確認を行う形となります。

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

実験開始前に確認するべき重要なチェック項目
投稿日: 2015年03月04日
実験開始後に注意すること
投稿日: 2015年11月05日

ヘルプのよく読まれている記事