スマートフォンサイト、レスポンシブサイトに対応していますか? | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2017年02月24日

スマートフォンサイト、レスポンシブサイトに対応していますか?

Optimizelyの対応デバイスと、レスポンシブサイトの編集画面や訪問者設定についてご案内いたします。

対応デバイス

OptimizelyはPCサイトはもちろんスマートフォンサイトやレスポンシブサイトにも対応しています。レスポンシブサイトであっても、問題なくご利用していただけますので、ご安心ください。

レスポンシブサイトの編集画面について

Optimizelyの編集画面には、PCサイトとスマートフォンサイトの2つのタイプがございます。
レスポンシブサイトの場合、どちらかの編集画面を利用できます。
通常ではPCサイトの編集画面に設定されていますので、スマートフォンサイトの編集画面を利用したい場合は、設定が必要になります。

→スマートフォンサイトの編集画面を利用する場合の設定方法はこちら

【ご注意事項】
テストを実際に配信する際には、デバイスに対して配信されるので、PCサイトとスマートフォンサイトのどちらの編集画面を利用してテストバリエーションを作成していただいても問題はありません。
テストを配信する前に正しいデザインが反映されているか、各デバイスで確認していただくことをお勧めいたします。

→テストバリエーションを実験開始せずに実際の画面で確認する方法はこちら

レスポンシブサイトでPCのみ、またはスマートフォンのみにテストを配信したい場合

訪問者グループの設定をしていただくことで、ユーザーのデバイスを限定してテストを配信することができます。

1.[訪問者グループのターゲット設定]をクリックします。
レスポンシブ

2.『新しい訪問者グループの作成』ボタンをクリックします。
レスポンシブ1

3.条件から「デバイス」を選び、テストを実行したい訪問者のデバイスのタイプを選択し、
『保存』ボタンをクリックします。
訪問者グループが設定され、選択したデバイスのユーザーに対してのみテストを実行することができます。

【PCのみにテストを実行する場合の選択方法】
選択部分を「いずれかを使用しています」かつ「デスクトップ/ラップトップ」にします。
上記設定を行うことで、PCのユーザーにのみテストを実行することができます。
レスポンシブ2

【スマートフォン(タブレット含む)のみにテストを実行する場合の選択方法】
「いずれも使用していません」かつ「デスクトップ/ラップトップ」を選択することで、
スマートフォンとタブレットのユーザーにのみテストを実行することが可能になります。
レスポンシブ3

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

スニペットタグ内に含まれるjQueryの設定(Optimizely X)
投稿日: 2017年02月24日
セキュリティ
投稿日: 2016年10月27日
多変量テストとは?
投稿日: 2016年10月27日
スプリットテストとは?
投稿日: 2016年10月27日
A/B テストと多変量テストの比較
投稿日: 2016年10月27日

ヘルプのよく読まれている記事

mautic is open source marketing automation