Optimizely アプリSDK 訪問・ゴールがカウントされる仕様とタイミング | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizely X ヘルプ

  • 最終更新日:2017年02月23日

Optimizely アプリSDK 訪問・ゴールがカウントされる仕様とタイミング

この記事の概要:

  • Optimizely アプリテストでの訪問がカウントされるタイミングを理解する。
  • Optimizely アプリテストでのゴールが計測される仕様を理解する。

Optimizely アプリテストでの訪問がカウントされるタイミング

GUIで作成されたテストの場合、エンドユーザーがGUIで編集された要素を最初に表示したときに、そのテストは「訪問済」とマークします。

プログラムによるテスト※3では、エンドユーザーがテストのライブ変数もしくはコードブロックへ最初にアクセスした時に、「訪問済」とマークします。
(※3 コードブロック、ライブ変数を用いたテスト)

TIPS:

SDKのライフサイクル中に発生したさまざまなOptimizelyイベントに対し、iOSではNSNotificationsを登録、もしくはAndroidではコールバックを登録することができます。

結果に反映される訪問者数は上記タイミングでカウントされています。

ゴール計測の仕様

Optimizelyアプリテストではゴールの種類は下記です。

  • タップイベント
  • ビューゴール
  • カスタムイベントゴール
  • レベニュー(収益)ゴール

Optimizelyはこれらのゴールを、テストに入っている訪問者のコンバージョンのみ計測します。
たとえば、ゴール対象であるイベントを訪問者が起こしたとしても、テストに入っていない※訪問者によるものである場合、計測されません。
(※Optimizely GUIにて編集された要素、もしくはコードブロックやライブ変数による処理に訪問者がアクセスした場合にテストに入った訪問者として計測されます。)
また、テストに入ったセッションと、コンバージョンしたセッションが別の場合、つまり例えば、最初のセッションで訪問者がテストに入り、2回目以降のセッションでコンバージョンした場合、計測の対象となります。

この記事はOptimizely社提供のヘルプ記事を翻訳したものです。
How Optimizely’s SDKs Work: SDK Order of execution, experiment activation, and goals

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

コメントは受け付けていません。

ヘルプの関連記事

Optimizely X Full Stack 実行順序
投稿日: 2017年06月02日
結果画面のセグメントの種類とカスタムセグメント(Optimizely X)
投稿日: 2017年03月29日
Optimizely X カスタムコードの特性について(Optimizely X)
投稿日: 2017年03月29日
自分をテスト対象から除外する方法 オプトアウト
投稿日: 2016年10月21日
リダイレクト実験:個別URLのテスト
投稿日: 2016年09月16日

ヘルプのよく読まれている記事