ページの読み込み時に存在しない要素(Ajax等)でテストをしたい場合 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 最終更新日:2017年02月24日

ページの読み込み時に存在しない要素(Ajax等)でテストをしたい場合

タグ :

Optimizely はページのロード時に存在してる HTML タグに対してテスト内容が適用されます。その為、ロード後に JavaScript 及び Ajax ( 非同期通信 ) などで HTML タグが挿入される箇所にはテスト内容が適用されません。

そのような場合には、「アクティブ化モード」を使用します。

アクティブ化モード

アクティブ化モードとは、HTML ソース内の状況を元にテストの実行条件を設定する事ができる機能です。

アクティブ化モードを用いる事により、HTML タグが挿入されたタイミングでテストを実行したり、HTML ソース内の要素と条件が一致したらテストを実行といった事が可能となります。

アクティブ化モードはオプションの中に存在します。

アクティブ化モードの格納場所

アクティブ化モードでは、下記の条件で設定する事ができます。

アクティブ化モードの選択画面

※ 条件付き実行はエンタープライズ版のみの機能となります。

即時実行

即時実行は通常通り、読み込みに合わせてテスト内容を適用していきます。

手動

手動は選択した際に表示される下記のコードを実験開始のトリガーとして扱います。

window.optimizely.push(["activate", xxxxxxxxxx]);
$("button").click(function () {
	$('div').append('<p>要素の追加</p>');
	window.optimizely.push(["activate", xxxxxxxxxx]);
});

ボタンをクリックすると <div> に <p> が追加される jQuery の一文です。後から追加される要素を変更したい場合は、上記のトリガーを要素を追加した処理の後に記述します。

条件付き実行

条件付き実行は、条件として記述した値が true となった場合に実験が実行されます。

条件は真偽で設定し、真偽のチェックは 50ms 毎に行われます。

$('[name=keywords]').attr('value').indexOf('apple') != -1

name 属性の値に apple という文字列が存在する場合にテストを実行するという条件の例となります。

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

ヘルプの関連記事

Optimizely X カスタムコードの特性について(Optimizely X)
投稿日: 2017年03月29日
検証時のターゲィング設定のために – 独自Cookieを発行できるブックマークレットの作成方法
投稿日: 2017年02月22日
今すぐ使える正規表現
投稿日: 2016年10月27日
自分をテスト対象から除外する方法 オプトアウト
投稿日: 2016年10月21日
SNS ボタンのクリック目標の計測
投稿日: 2016年09月26日

ヘルプのよく読まれている記事

mautic is open source marketing automation