ページの表示速度に影響はありますか? | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizely X ヘルプ

  • 最終更新日:2016年01月22日

ページの表示速度に影響はありますか?

Optimizely導入に伴いページの表示速度にどのような影響があるのか、また、軽量化のポイントについてご案内いたします。

表示速度について

一言で回答させていただきますと、ページの表示速度が極端に目に見えて遅くなるということはございませんので、ご安心ください。

Optimizelyでは、導入時にHTMLの開始タグ直下に1行のスニペットコードを挿入していただきます。
挿入したスニペットコードを読み込み、OptimizelyのCDNサーバーへ圧縮されたテストバリエーションの情報を取得しに行き、バリエーションが表示されます。

※Optimizelyは巨大な実験コードが大量に含まれるスニペットコードであったとしても、ロード時間にかかる時間は100~200msより速く表示されるように設計されています。

同期処理・非同期処理について

同期処理を行うと表示速度が遅くなるのではないかと懸念されるかもしれませんが、表示速度にほとんど影響はでませんので、ご安心ください。
また、非同期処理を行うと、テストバリエーションが表示される前に一瞬オリジナルが見えてしまう可能性があるため、同期処理を推奨しています。
同期・非同期処理の詳しい説明はこちら

スニペットコードの軽量化方法

1.終了した実験をアーカイブ化する
実験を終了しただけでは、スニペットコードに圧縮されたバリエーション等が記載されたままになっております。
アーカイブへ移動させることにより、スニペットコード内から除外することができます。
アーカイブ方法についてはこちら

2.jQueryの重複
サイト内にjQuery(バージョン1.4.2以降)がすでにリンクされている場合、スニペットコードからjQueryをはずすことができます。

[ホーム]>[設定]>[JavaScript]>[プロジェクトコードにjQueryを含めない]にチェックを入れ、[保存]ボタンをクリックします。
以上の設定でスニペットコードからjQueryをはずした状態にすることができます。
スニペット

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

コメントは受け付けていません。

ヘルプの関連記事

ヘルプのよく読まれている記事