ログインが必要なページを読み込む方法は? | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizely X ヘルプ

  • 最終更新日:2017年02月24日

ログインが必要なページを読み込む方法は?

ログイン後のページを、編集画面に読み込む方法をご案内いたします。

ログインが必要なページ

ログインが必要なページの例は以下になります。

・ショッピングカート
・会員ページ
・ステージングサイト
・イントラネットのページ

編集画面にログイン後のページを読み込む方法

以下の手順を行うことで、編集画面にログイン後のページを読み込むことができます。

1. 編集したいログイン後の対象ページをブラウザで開きます。

2. 同じブラウザの別タブにOptimizelyを開きます。

3. テスト対象ページのURLをコピーし、別タブに開いているOptimizelyで実験を作成します。

【POINT】
実験をすでに作成している場合は、編集対象ページをブラウザで開いた後に、別タブでOptimizelyを起動していただくことで編集画面にログイン後のページを読み込むことができます。

Optimizelyの動作

Optimizelyは、ブラウザの別タブに開いているページを、直接読みに行っているかのように編集画面に読み込みます。よって、対象ページを開いた後に、ブラウザの別タブにOptimizelyを開くことで、編集画面にページを読み込むことができます。
固有のセッション情報がセッションストレージに渡される場合、ログイン後のページを開いた後に、同じタブでOptimizelyを開いて利用していただく必要があります。

Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

コメントは受け付けていません。

ヘルプの関連記事

ヘルプのよく読まれている記事