Google オプティマイズ vs Optimizely | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Google オプティマイズ
vs Optimizely

A/B テストツールを代表する Google オプティマイズと
Optimizely X について、機能別に比較しました。

Google オプティマイズと Optimizely の機能比較

                                   
Optimizely X Google オプティマイズ
Web Full Stack 無償版 有償版
テスト種別 A/Bテスト
複数ページテスト ×
多変量テスト
対応デバイス ブラウザ(PC/SP)
ネイティブアプリ(iOS/Android) × ×
OTT(Apple TV/Xbox など) ×
動的コンテンツ PCI 準拠によるカード決済 ×
任意タイミングでの実験発火 要ページ改修(GTM実装)
シングルページアプリケーション ×
サーバサイド(ソースコードレベル) × ×
統計処理 同時実行テスト(上限)無制限5 無制限
統計有意性判定ロジック Stats エンジン ベイズ統計
相互排他機能 ×
外れ値フィルタリング ×
機械学習(バリエーション制御) (契約プランによる) ×
プロジェクト管理 プログラム管理ツール ×
データ連携 DMP BlueKai, Demandbase, Krux, Lytics, Tealium AudienceStream, Adobe Audience Manager, AudienceOne, IM ... × Google Universal Analytics(BigQuery)
アクセス解析 Google Universal Analytics, Clicktale, Adobe Analytics, MixPanel ... Google Universal Analytics

※ 2018年9月イー・エージェンシー調べ

最適な A/B テストツールについて、専門コンサルタントにご相談ください

Optimizely が選ばれる理由

複数ページテストができる

複数ページテストができる

複数ページで一貫した UX を維持する 複数ページテストの機能 を備えており、複数ステップの入力フォームなど、ユーザーの CV 行動にダイレクトに影響するファネルを最適化します。

複数ページテストができる

セキュリティ基準 PCI DSS に準拠

クレジットカード決済の情報セキュリティ基準 PCI DSS(The Payment Card Industry Data Security Standard)に準拠 し、カード決済エリアでも、信頼性の高い実験を実施できます。

セキュリティ基準 PCI DSS に準拠
セキュリティ基準 PCI DSS に準拠
デバイスを問わず、あらゆるチャネルで

デバイスを問わず、あらゆるチャネルで

PC/SP のブラウザをはじめ、 iOS / Android のネイティブアプリサーバサイド、OTT など、デバイスを問わず、あらゆるチャネルの可能性を拡げます。

デバイスを問わず、あらゆるチャネルで

シングルページアプリケーション(SPA) 対応

Optimizely は、動的 Web サイトのサポート機能 を備え、最新のWeb向けに設計されています。テストしたい画面やコンテンツを設定することが困難な SPA で構築された動的 Web サイトでも、柔軟に実験を行うことができます。

シングルページアプリケーション(SPA) 対応
シングルページアプリケーション(SPA) 対応
機械学習とリアルタイムの統計処理

機械学習とリアルタイムの統計処理

スタンフォード大学と共同で独自に開発された Stats Engine がリアルタイムに統計的優位性を判断します。また、機械学習を使用して、実験バリエーションへのトラフィック流入を自動化する Stats Accelerator により、精緻な統計判断を維持しながら実験プロセスを高速化します。

機械学習とリアルタイムの統計処理

Google Analytics 他、幅広いデータ連携

Google Analytics や Adobe Analytics などのアクセス解析ツール、 DMP など、サードパーティーの幅広いツールとシームレスに連携 することを想定して設計されており、ツールの枠にとらわれずに、実験を進めることができます。

Google Analytics 他、幅広いデータ連携
Google Analytics 他、幅広いデータ連携
実験プログラムの高速化を促進

実験プログラムの高速化を促進

実験結果の測定が困難な同じページで並行する実験でも、Exclusion Groups(排他的グループ)機能 により、複数同時に実行することが可能です。また、組織全体に実験文化を拡張する Program Management 機能 により、チーム間コラボレーションとナレッジ共有を強化。実験プログラムの速度を最大5倍まで向上させます。

実験プログラムの高速化を促進

最適な A/B テストツールについて、専門コンサルタントにご相談ください