イギリス最大のマルチチャネル自転車販売店Evans Cyclesにおけるテスト文化の構築 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizely X ブログ

  • 2016年10月20日

イギリス最大のマルチチャネル自転車販売店Evans Cyclesにおけるテスト文化の構築

Optimizelyにより、Evans Cyclesはオンラインビジネスにおいて収益を増加させつつもデータドリブンな意思決定を下す環境構築に成功しました。

evans-cycles-logo

  • 産業:販売店
  • 位置:ウエストサセックス、イギリス

原文: https://www.optimizely.com/case-studies/evans-cycles/

1921年にスタートしたEvans Cyclesは、国内で60店舗以上を持つイギリス最大のマルチチャネル自転車専門店であり、世界数100カ国に情報を配信し、月間150万ユニークビジター数を誇るウェブサイトも運営しています。

先進的なデジタルビジネス構築

ウェブビジネスの開始以来、Evans Cyclesのウェブサイトは、顧客のオンラインショッピングでのニーズに応えるため、特徴と機能を追加しながら改善に尽力してきました。しかしながら、ユーザーエクスペリエンスや分析の観点から見ると、Evans Cyclesは上手くユーザーのニーズに対応できていませんでした。ウェブ解析マネージャーであるダニエル・リーは、リアルタイムのデータから迅速な行動を取ることで、ユーザーエクスペリエンスを向上させる役割を任されました。

ダニエルは初めにウェブサイト間のユーザー行動を理解することや会社全体でテストの利用法と分析の推進力を構築することに焦点を当て、その根幹にOptimizelyを配置しました。

「Optimizelyはテスト文化を構築するための土台となるものです。最終的な目標は、Evans Cyclesがデータと知識そして全ての先進的なデジタルビジネスの特性を基に、迅速な意思決定を行うことです」とダニエルは述べています。

最小限の開発リソースを活用し、有益かつインパクトのある結果を早急に得るためOptimizelyを使用しました。ダニエルは最初に顧客の声を聞くことによってニーズを理解し、ユーザーからのフィードバックに基に、仮説を立てました。

それぞれの仮説を検証するためのツールとしてOptimizelyを使用

Optimizelyは同社のユーザーテスト・プラットフォームとシームレスに連携することができます。それらのプラットフォームとの連携により、顧客の意見・ニーズがどのように何百万ユーザーにインパクトを与えたかを理解することが可能になりました。最終的に、Evans Cyclesは意思決定とウェブサイトのロードマップを左右するデータを得ることができました。

重大なインパクトを持ったシンプルな変更

顧客からのフィードバックに基づいて、ダニエルは商品ページ上でテストの実行を策定しました。多くの自転車販売サイトでは、プロダクトの製品ページで、製品の画像、説明、商品をバスケットに追加する選択エリア、そして最終的に購入を行うフローという同じアプローチを用いていおり、Evans Cyclesも例外ではありません。

ユーザー調査期間中、ダニエルとチームは、在庫が十分にあったという事実にも関わらず、顧客から商品の購入を試みたが在庫なしだったというフィードバックをもらっていました。
そこで彼らは、ユーザーが商品の選択を行う以前に、ボタンがグレーアウトしていることが原因ではないかという仮説を立てました。この問題を解決するため、ボタンの視認性をあげ、大きさや色の選択を促進するカートボタンを追加したバージョンの商品ページをテストしました。その結果、このシンプルな変更が商品ページにおいてカート追加CVが49%リフト、4.3%の収益の増加といった大きなインパクトを与えました。

evans-cycles-ab-test

オリジナルのバージョンでは物理的記録媒体において自転車の在庫があるかどうかは示しませんでした。テストパターンでは、訪問者のためにこの情報を追加しました。

Optimizelyは、Evans Cyclesのビジネス方法を変革

Optimizelyを使用し、最小限の投資で、Evans Cyclesは大成功を掴み、オンラインでの経験を大幅に改善しました。「Optimizelyは、Evans Cyclesのビジネス方法を変革しました」とダニエルは述べています。Evans Cyclesでは現在、リアルタイムのデータに基づき、迅速な行動を取るようにしており、ウェブサイト上のユーザー行動に関して多くの理解を獲得しています。Evans Cyclesは、これからも分析に焦点を当てるとともに、ダニエルはテストを継続する計画で、A/Bテストのロードマップを展開しています。


Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

前へ
次へ

ブログの関連記事

あなたの見ている数値は“オイシイ数値”ですか? TechTargetジャパン プレミアムコンテンツDL率改善事例
Iron Mountain、リードジェネレーションプロセスを最適化
最適化施策に様々な人々を巻き込む方法6ステップ
Optimizely Personalizationは、ターゲティングされたコンテンツとエクスペリエンスをリアルタイムで提供します。
A/Bテストのワークショップ「OPTIMIZE Biz College」、第4回目を開催しました

ブログのよく読まれている記事

コメントは受け付けていません。