機能アップデート:スニペットのデータサイズ縮小の為に、使用していない目標を削除する設定方法 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizely X ブログ

  • 2016年07月06日

機能アップデート:スニペットのデータサイズ縮小の為に、使用していない目標を削除する設定方法

OptimizelyアプリとWebの両方のスニペットで、目標をアーカイブする為の新たな設定方法があります。
※こちらの設定はまだラボとしてベータ版の機能となりますので、機能の変更や確実な反映が困難な場合がございますので、ご了承くださいませ。

この設定により、目標を完全に削除させずに、スニペットのサイズを減らし、パフォーマンスを向上させることができます。

設定方法

デフォルトでは、アーカイブされた目標も全てOptimizelyのスニペットに保存されたままの状態になっています。よって、「アーカイブされた目標はスニペットに保持しない」という設定を行うことで、スニペットサイズを小さくすることができます。

1. ホーム > 設定 > ラボにいき、「アーカイブされた目標設定」を選択します。

2. 「アーカイブされた目標をスニペットから削除する」にチェックを入れ、『保存』ボタンをクリックします。
snippet1

設定後、Optimizelyは自動的にアーカイブされた目標をスニペットから削除します。

【ご注意事項】
スニペットコードから取り除いた目標は、削除することもできますが、目標を削除すると、実験結果内で該当目標に関連した全ての履歴データも同時に削除されてしまいます。

実行中以外の目標の削除方法

実行中の実験の目標のみをスニペットに含みたい場合は、ホーム > 設定 > プライバシーより、「ドラフト中の実験と休止中の実験」を選択することにより、実行中以外の実験をスニペットから取り除くことができます。


Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

前へ
次へ

ブログの関連記事

Metrics Builderの概要と設定
Optimizelyの統計エンジンのアップデートについて
PCI対応 Optimizely Xはクレジットカード決済領域での実験ツールとしてPCI認可を得ています。
Optimizely デスクトップアプリケーションがリリースされました。
機能アップデート:OptimizelyとGoogle AdWordsの統合

ブログのよく読まれている記事

コメントは受け付けていません。