Optimizely(オプティマイズリー)が考える三方良し | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 2015年04月16日

Optimizely(オプティマイズリー)が考える三方良し

2015年4月3日、Optimizely社からシニアプロダクトマネージャーのSuneet Shah氏が緊急来日しました。
今回は、セミナー直前の限られた時間でインタビューした内容をレポートします。

IMG_2719_R

Suneet Shah氏のプロフィール

University of California, Berkeley校卒業後、マイクロソフトでプログラムマネージャーを経てOPENKITを創業。現在はOptimizely社でシニアプロダクトマネージャーとして主にアプリ・モバイルゲームを統括している。

来日目的は?

来日の目的はビジネスパートナーであるイー・エージェンシーで3社合同セミナーをすることです。
2015年3月25日、我々はイー・エージェンシーと戦略的パートナーシップを締結しました。
今回のセミナーは、日本の皆様に世界No.1シェアのA/Bテスト・ツールOptimizelyを知って頂く良いチャンスと考えています。

セミナーの内容についてはこちら

 

 

マイクロソフトで4年間働き、OPENKITを創業したとの話ですが、具体的にはどんなお仕事をされてたのでしょうか?

マイクロソフトではプログラムマネージャーとして、Office関連(主にエクセルやパワーポイント)の開発をしてました。その後OPENKITを設立し、主にアプリ・モバイルゲーム開発エンジニアのためのソフトを開発してました。

 

 

Optimizely社での一番の成功体験は何ですか?

現在、Optimizelyがアメリカ国内でサービス提供しているアプリ事業の企業は100社以上ありますが、その中でも最大の成功はFrench Girlsです。
新規ユーザーのアクティベーション(使用頻度/1週間)が25%から最終的には66.5%に上がりましたからね。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e

日本とアメリカのモバイルマーケットの大きな違いなどありますか

まず日本はモバイルアプリにおいて世界のリーダーであること。これは、アメリカでアプリ・モバイルゲームの最先端に関わる我々が思う率直な意見です。

大きな違いといえば、ユーザーが求めているところに大きな差があります。

例えば、日本で大ヒットしたゲームアプリをアメリカで展開しても、あまり人気がありません。原因を挙げるならユーザーが育った環境、文化の違いではないでしょうか。我々は鳥肌が立つような日本のアプリ・モバイルゲームを沢山見てきましたが、それが必ずアメリカでヒットするわけではありません。

 

しかし、ビジネスの問題点は共通してます。問題があれば改善をしなくてはいけません。これはアメリカ、日本に限らずどの国でも同じことです。100社以上のアプリを改善してきた我々は、Optimizelyが日本で絶対に活躍できる確固たる自信を持っています。

 

IMG_2717_R

 

三方良しとOptimizely

日本に常駐しているスタッフから聞いたんですが、日本には「三方良し」という言葉があるんですよね。
「売り手良し、買い手良し、社会良し」本当に素敵な言葉だと思います。英語ではWin-Winという言葉がありますが、全く意味が違いますからね。実はOptimizely社のミッションは「三方良し」と同じではないかと私は考えてます。

例えば、近年、日本は訪日外国人が急激に伸びてます。訪日外国人の多くがスマートフォンでアプリを使って、観光や買い物楽しんでいますが、まだまだ足りてないのが実情で、今以上に、観光や買い物を楽しむアプリや新しいビジネスが必要です。
新しいアプリやビジネス発展するには、改善が必要となります。ビジネスが発展すれば人材が必要となってきます。日本の中で更に雇用が生まれれば経済が発展し、社会に大きく貢献できます。

 

「売り手である我々Optimizely社、買い手となるクライアント、新しい雇用という社会貢献。」

 

これがOptimizely社が求める理想のビジネスモデルです。

 

 

総括・まとめ

「A/BテストツールOptimizely」というと、WEBのみのイメージが先行しますが、実は、アプリでもA/Bテストを簡単にできるのがOptimizelyの強みです。
急速にスマートフォンの保有率が上がる日本で、アプリのA/Bテストを検討されていましたら、是非一度、弊社に連絡を下さい。

 

Suneet Shah氏から日本の皆様へ

 


Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

前へ
次へ

ブログの関連記事

Optimizely X リリース
Optimizely社が5800万ドル(約69億円)調達
OptimizelyがオンラインA/Bテスト業界で名実ともにリーダーに
Optimizely Personalization提供開始

ブログのよく読まれている記事