Optimizely & e-Agency Meetup in Tokyo ~世界10万件の実験結果から紐解く、成功企業のデータ文化づくりと、進化する実験トレンドとは?~ | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizely X ブログ

  • 2017年07月06日

Optimizely & e-Agency Meetup in Tokyo ~世界10万件の実験結果から紐解く、成功企業のデータ文化づくりと、進化する実験トレンドとは?~

マーケティング実験で、ユーザー体験を科学する

この度、Optimizely正規代理店であるイー・エージェンシーは、Optimizely社からマネージャー2名を迎え、グローバル成功企業のデータ文化作りについてのセミナーを開催いたします。同時に最新の最適化グローバルトレンドや、Optimizelyが蓄積した世界中の実験データから解析・抽出した「成功する実験の作り方」、さらにサーバサイドやIoT機器等でも実験が可能な新プロダクト「Optimizely X Full Stack」のデモンストレーションも実施させていただきます。

例えばこんな方におすすめ

・最適化に取り組んではいるが、組織全体でなく、担当しているのは1人だけ、もしくは単独部署だけという企業の方
・企業の「データ文化」はすでに構築されているが、他社での取り組みも知りたい方
・なかなか実験で成果が出ず、良い実験作成方法を知りたい方
・サーバサイドやIoT機器での実験にご興味のある方

セミナー仮申し込み

※ 本ページの「セミナー仮申し込み」から、入力フォームに必要情報をご入力の上、お申し込み下さい。
※ お申し込みが終わりますと、折り返し「仮受付メール」をお送りします。
※ また、参加が確定された方については、後日、ご登録の電子メールアドレスへ「当選メール」を送付いたします。
※ 開催当日は、受付にてお送りした「当選メール」を印刷の上、お名刺1枚を頂戴いたします。
※ 同業他社様、個人の方はご遠慮いただいております。

セミナー内容

第一部

Experiment Everywhere – The Emerging Global Trend
(全てのタッチポイントで実験が可能に – 最新グローバルトレンド)

”カスタマーエクスペリエンスの改善”は世界的に注目を集めており、とりわけ改善のキーとなるソリューションが「実験」です。
グローバルでは、今まさにどのような課題が改善され、どのような実験手法が注目されているのか、Optimizelyのプロダクトを交えてご紹介させていただきます。

講師:増田 直行
株式会社イー・エージェンシー
アカウント戦略本部 アカウントプランニング2部 副部長

第二部

The Alignment Gap – Achieving Organizational Readiness
データ文化構築を阻む障害とそのソリューション – データ駆動型組織の作り方

データドリブンな意思決定によりビジネスを成長させている企業の共通点は、組織全体で「実験」や“カスタマーエクスペリエンスの改善”に取り組んでいることです。しかしながら、それを実現出来ている企業はごく少数です。組織の実験文化の浸透を阻む障害にはどのようなものがあるのでしょうか?
本セッションでは、企業が乗り越えるべき障害、その障害を乗り超えていくためのソリューションについてご紹介させていただきます。※同時通訳あり

講師:Chris Samila
Partnerships Strategic Manager for Asia Pacific
米国Optimizely社 アジア太平洋戦略・パートナーシップ・マネージャー

第三部

Growth steps of a data driven team
データ駆動型組織の成長ステップ

データドリブンな文化、組織風土を構築するためには、現状のデータ活用レベルを把握した上で、段階的に活用レベルを成長させていく必要があります。その成長ステップの各過程においてご活用いただけるイー・エージェンシーの「マーケティング実験」、および「ダッシュボードソリューション」についてご紹介させていただきます。

講師:山下 和恵
株式会社イー・エージェンシー
カスタマーサクセスマネジメント本部 データコンサルティングチーム リーダー

第四部

Experiment Design Best Practices – Lessons from 20,000 Practitioners
成功する実験作りベストプラクティス – 利用者20,000名の実験から得た知見

Optimizelyは、約10,000件の実事例データをもとに調査・解析を行い、「より成功しやすい実験」の傾向を分析しました。その傾向と、関連する“Tips”や“アイデア”をご紹介いたします。※同時通訳あり

講師:Brett Schultz
Solutions Engineer, Partnerships
米国Optimizely社 パートナーシップ・ソリューション・エンジニア

Live Demo & 交流会

Live Demonstration of Optimizely X
Optimizely Xプロダクト ライブ・デモンストレーション

Optimizely Xプロダクトでは、Webでの「実験」を超えてサーバサイドやIoT機器でも実験を行っていただける「Full Stack」サービスを2016年にリリースしました。
本デモンストレーションでは、Optimizely X プロダクトの使い方について、実際の操作を交えたデモンストレーションにてご紹介させていただきます。

また、自由な交流の場とさせていただきますので、マーケティング実験についての情報交換やご担当者様同士の交流にご活用ください。セミナーで聞く事の出来なかった点や、ご質問など、個別のご対応が可能となります。※同時通訳あり

講師:Brett Schultz
Solutions Engineer, Partnerships
米国Optimizely社 パートナーシップ・ソリューション・エンジニア

セミナー詳細

開催日時
2017年7月21日(金) 15:30~18:30(開場15:00)
参加費用・人数
セミナー参加費は、無料です。
参加定員は、60名です。
応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※当選された方には、メールを送らせていただきます。
セミナー開催場所
Nagatacho GRID[永田町グリッド]B1

住所:東京都千代田区平河町2丁目5−3(googleマップ)

地下鉄メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線
「永田町駅」4番、9番出口より徒歩2分
銀座線、丸ノ内線
「赤坂見附駅」7番出口より徒歩5分
「麹町駅」 1番出口より徒歩7分
銀座線南北線
「溜池山王駅」 5番出口より徒歩11分

 

講師紹介

  • Chris Samila
    Chris Samila
    Partnerships Strategic Manager for Asia Pacific
    米国Optimizely社 アジア太平洋 戦略・パートナーシップ・マネージャー
  • Brett Schultz
    Brett Schultz
    Solutions Engineer, Partnerships
    米国Optimizely社 パートナーシップ・ソリューション・エンジニア
  • 増田直行
    増田 直行
    株式会社イー・エージェンシー
    アカウント戦略本部 アカウントプランニング2部 副部長
  • 山下 和恵
    山下 和恵
    株式会社イー・エージェンシー
    カスタマーサクセスマネジメント本部 データコンサルティングチーム リーダー

セミナー仮申し込み

※ 本ページの「セミナー仮申し込み」から、入力フォームに必要情報をご入力の上、お申し込み下さい。
※ お申し込みが終わりますと、折り返し「仮受付メール」をお送りします。
※ また、参加が確定された方については、後日、ご登録の電子メールアドレスへ「当選メール」を送付いたします。
※ 開催当日は、お送りした「当選メール」を印刷の上、お名刺も1枚ご持参下さい。
※ 同業他社様、個人の方はご遠慮いただいております。


Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

前へ
次へ

ブログの関連記事

ロード速度がPVに与える影響を実験により定量化 – イギリスメディア大手The Telegraph社
Disney社 エンゲージメントを600%向上。- abcテレビジョンサイトで実験
「Optimizely Certified Developer」の公式認定資格を取得しました
Optimizely & e-Agency Meetup in Tokyo大盛況でした!
Optimizely、米Forbes誌が選ぶ「2017年世界トップクラウド企業100」にランクイン

ブログのよく読まれている記事

コメントは受け付けていません。