ワークショップ形式のA/Bテスト勉強会「第2回OPTIMIZE Biz College」開催レポート | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 2016年11月25日

ワークショップ形式のA/Bテスト勉強会「第2回OPTIMIZE Biz College」開催レポート

タグ :

optimizebizcollage

大好評だった「OPTIMIZE Biz College」の第2回を9月7日に開催いたしました。A/Bテストを既に運用している方もこれからA/Bテストを始めようとしているに方もこのワークショップに参加していただきました。このワークショップを通じてA/Bテストの文化が社内に広がる助けになれば良いと考えております。

ワークショップの趣旨

・A/Bテストプラン作成のノウハウを共有

・新しいA/Bテストプランの新たな気付き

・A/Bテストを実施している会社同士の交流

A/Bテスト勉強会「第2回OPTIMIZE Biz College」の様子

A/Bテストに興味がある or 既にA/Bテストを実施している企業様にお集まり頂きました。

参加企業様一覧(五十音順)

株式会社サイバーエージェント様
株式会社ドワンゴ様
株式会社ブランジスタ様
株式会社日刊スポーツ新聞社様
株式会社日経BP様

A/Bテストのやり方を紹介

newdsc_0412

最初にどのようなテスト方法があるのかを紹介しました。基本的なA/Bテスト手法を理解することでその後に行なわれたワークショップを円滑にすすめることが出来ます。皆様とても熱心に講師の話を聞き入っていました。講師からはこの時の感想を、とても静かなので緊張しましたと言っておりました。この時の様子を外から見ていたのですが、各々熱心にメモをとっていたのが印象的でした。

3チームに分かれてA/Bテストのパターンを考える

参加企業様に事前に頂いた課題を元にA/Bテストのパターンを3チームに別れ制作していただきました。先ほどの勉強会ではとても静かだった参加者もワークショップに入った途端、熱心に同じチームのメンバーと話ながらアイデアを出していました。

各々3パターンのテストパターンを作製していただき、それぞれの意見をチーム内で熱心に話し合ってどのテストパターンが良いのかを決めていただきます。

newdsc_0445

newdsc_0441

newdsc_0446

講師たちは、チーム状況を見守りながらどんなテストパターンが出るのか楽しみにしていまいした。

newdsc_0449

チームに別れてテストパターンを考えていると時間は、あっという間に経過します。最終的に決まったA/Bテストパターンを3つ選んでいただき大きな模造紙に書き出していただきます。

newdsc_0464

newdsc_0463

A/Bテストパターンのプレゼンテーションタイム

3チームに別れて制作したテストパターンを披露する時間になりました。参加者全員が1つの部屋にもどりプレゼンテーションをしていただきました。

newdsc_0470

newdsc_0468

newdsc_0474

テストパターンは、参加企業様から提出していただいたものでしたので、担当者様はどのパターンを試してみたいのかをお聞きしました。ぜひやってみたい!というアイデアもいくつも出ました。

技術的に難しいパターンも、簡単にできそうで今すぐにでも試したいアイデアも出てきてとても盛り上がりました。

懇親会の様子

最後は懇親会です。一緒にテストパターンを考えたメンバー同士かなり打ち解けている様子でした。普段A/Bテストをどのようにやっているのか体制の話などをしている方もいました。普段交流のないA/Bテスト実施を促す立場同士で交流することで新しい気付きを得られたという方もいました。

newdsc_0478

懇親会の壁には、A/Bテストの成功事例も多数貼られており、A/Bテスト談義も白熱する仕掛けもありました。

newdsc_0426

newdsc_0484

ご参加いただいた企業様の声

・他社さまのサービスの改善策を考える、というのはとても新鮮でしたし、実際のサービスなので具体的にどうすればいいか、を考える中で自分のサイトにあてはめたときにも同じように活用できるな、といった発見もありとても充実した時間だったと思います。また他社さまの社内でのABテスト活用のお話も伺うことができ大変参考になりました。

・紙を使ってディスカッションしながらテストを組み上げるのは刺激的な体験でした。また会の中で他社担当者様達と情報交換や悩みを話し合えたことはこれからも引き続きABテストとどう向き合っていくか考える材料となりました。

・他社でABテスト活用に取り組まれている担当者様方と情報交換や悩みの相談をできたのは非常に参考になりました。

・テストのプランニング方法を体系的に学ぶ事ができ、今後の施策の進め方に活かしていけそうです。さらに、テスト結果が出た後の効果検証・考察までしたかったなぁと思いました。

・普段とは違う環境や仕事で関わらない他の会社の方からの率直な意見や、考え方に触れられたり、自分自身も他のサービスに対しての考えや仮設を述べられたりできたのはとても良い刺激になりました。社内の若手などにも体験して欲しいと思いましたので是非次回も呼んでいただけるとありがたいです。

・社外交流だけでなく、頭のストレッチになって大変有意義でした。参加者の社風も違ったため、違った視点の意見が聞けたことも有益でした。

・人のサイトだと好き勝手ものを言えるので、ブレスト的に取り組むには非常に効果的だったと思います。他方、アイデア出しはできるもののその正解が分からないので若干もやもやする部分はあります。ただ、両立しないものなので仕方ありません。運営はスムーズで非常に良かったと思います。

・実際に他の参加者の方とワークを行うことで、いろいろな発想に触れられるとともに、社が我々よりかなり先を進んでいることも認識できた。スピードを上げて経験し、考えていかなければならないと気づけた。

・いろいろな立場の人と考えると当新しいアイデアがでてくることがわかりました。
他社の方とお話できてよかったです。

OPTIMIZE Biz Collegeの振り返り

どの参加者も大変満足していただいたようでほっとしました。この経験を社内に持ち帰ってぜひより良いA/Bテストを実施していただけると幸いです。

次回ブログ予告:サイバーエージェント様がA/Bテストの社内向けワークショップを独自に開催されました


Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

前へ
次へ

ブログの関連記事

Iron Mountain、リードジェネレーションプロセスを最適化
A/Bテストのワークショップ「OPTIMIZE Biz College」、第4回目を開催しました
正しいA/Bテストで成果を上げた求人サイト
@typeのA/Bテストインハウス化事例
LP改善にA/BテストOptimizelyを実施したらCVRが120%アップ!! 人気エステティックサロン「ラ・パルレ」の事例
Optimizelyで最適化された小売業サイト3つのトレンド

ブログのよく読まれている記事

mautic is open source marketing automation