A/Bテストと検索エンジン最適化 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー

Optimizely X ブログ

  • 2017年12月21日

A/Bテストと検索エンジン最適化

この記事はこんな方に役立ちます。
・SEOを考慮した実験を実施したい
・A/Bテストが検索ランクに与える影響を確認したい
・リダイレクトに関する実験を行いたい

Googleは A/Bテストを許可し、奨励しており、A/Bまたは多変量テストを実行すると、ウェブサイトの検索ランクに固有のリスクはないと述べています。ただし、クローキングなどの目的でA/Bテストツールを悪用することは、検索ランクを危険にさらす可能性があります。Googleはこれが起こらないように、いくつかのベストプラクティスを明言しています。

Google ウェブマスターセントラルブログ「ウェブサイトテストとGoogle検索」

クローキングと誤解される行為は避けてください。

ページの趣旨を変えるためにA/Bテストプラットフォームを使用しないでください。Googleのページのバリエーションが、デザインだけでなく、範囲やコンテンツにおいても、オリジナルと実質的に大きく異なっていると判断した場合、この変更がクローキングとみなされ、サイトにペナルティが課される可能性があります。しかし、Googleは次のように述べています。「Googleは、クローキングを構成するテストツールの倫理的な使用を解釈しません。」

Google 公式ヘルプ「ウェブテストとクローキング」

リダイレクトに関する実験では、rel = canonicalタグを使用します。

A/Bテストに複数のURLがある場合は、元のページを指しているすべての代替リンクにrel = canonicalリンク属性を設定します。これはあなたのウェブサイトをあなたの元のページに索引付けするのに役立ちます。Googleの検索品質評価ガイドラインでは、「あるWebサイトのあるページから同じWebサイトの別のページへリダイレクトすることもできますが、あるWebサイトから完全に無関係なWebサイトへの予期しないリダイレクトは欺瞞的です。リダイレクトを伴う実験では、予期しないコンテンツや関連性のないコンテンツにリダイレクトしない限り、問題はないはずです。詳細については、Googleサポートの不正なリダイレクトに関する記事をご覧ください。

Search Consoleのヘルプ 不正なリダイレクト

SEOの最適化スニペットの読み込み時間の影響

サイトの速度は、Googleが検索ランキングで評価する要素の1つです。 Optimizelyはフロントエンドで実行され、同期的に読み込まれるため、サイトのSEOランキングに影響を与えるべきではありません。スニペットを軽量化し、読み込み速度を最適化する方法には、以下があります。

  • スニペットを分割する -対象範囲を絞って分割したカスタムスニペットを使用します。
  • 不要な実験をアーカイブする -実験をアーカイブへ移動させることによりスニペット内から除外します。
  • 内蔵のjQueryを読み込まない – 実験対象ページにjQueryが導入されている場合、Optimizely内蔵のjQueryを取り外します。

SEOを考慮した実験の実施期間

不必要に長い期間にわたって実験を行っている場合、Googleは検索エンジンを欺いて行動しようとする試みとして解釈するかもしれません。特に、1つのバリエーションをユーザーの大部分に配信している場合はそう解釈されるリスクが高まります。OptimizelyはリダイレクトにJavaScriptを使用しているため、新しいページにリンク価値を渡すことはありません。バリエーションの成果に満足している場合は、次のいずれかをお勧めします。

  • 勝利バリエーションの反映 – オリジナルページのコンテンツを、勝利したバリエーションのコンテンツで更新します。これは、すべてのリンク価値を維持するため、最良の選択肢です。バリエーションがオリジナルと大きく異なる場合や、コンテンツの量が少なければ、ランキングのロスが見られることがあります。
  • 301リダイレクト – オリジナルページを変更するのが難しい場合や、時間がかかる場合は、オリジナルページからバリエーションに301リダイレクトする必要があります。301リダイレクトの結果、リンク価値(約10%)が少し失われますが、リンク価値を渡していないOptimizelyのようなJavaScriptリダイレクトよりも、ランキングの維持に役立ちます。

この記事は、Optimizely社の以下記事を翻訳、編集しております。
https://help.optimizely.com/Set_Up_Optimizely/AB_Testing_and_Search_Engine_Optimization


Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

前へ
次へ

ブログの関連記事

A/Bテストの実験結果から行動を起こす手法
敗北したアイデアを行動につなげるには?
モバイルランディングページのコンバージョンを最適化する6つのヒント
ロード速度がPVに与える影響を実験により定量化 – イギリスメディア大手The Telegraph社

ブログのよく読まれている記事

コメントは受け付けていません。