Optimizely X ブログ

  • 2017年03月03日

Optimizely Personalizationは、ターゲティングされたコンテンツとエクスペリエンスをリアルタイムで提供します。

Optimizely X Personalization は全てのユーザーのタッチポイントで、最適化されたエクスペリエンスを提供します。

ユーザーは、パーソナライズされたエクスペリエンスの提供を求めいています

ユーザーは常に自分に最適化されたエクスペリエンスを期待しています。ユーザーが望むエクスペリエンスの提供し、アナリストやエンジニアに頼ることなく、ビジネスの収益を成長させましょう。

Optimizely Personalizationの利用例

■利用例1
以前に靴を買おうとしていたユーザーに新作の靴のクリエイティブを割り当てる

■利用例2
寒い地域に住んでいるユーザーにジャケットとセーターのクリエイティブを割り当てる

パーソナライゼーションは進化するユーザーの要求を叶えます

ターゲティングされたコンテンツをリアルタイム配信

ユーザー情報を収益に結びつける為に、ビジュアルタグを利用して、ユーザー行動を明らかにします。(ディベロッパーが必要な作業が発生することはありません)
閲覧行動、人口統計学情報、文脈からの類推、そして1stパーティー/3rdパーティーデータを利用して、ユーザーにとって最適なクリエイティブを割り当て、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供します。
contents

信頼できる結果によって、意思決定を支援

意思決定にアナリストは必要ありません。
業界屈指の統計エンジン「Stats Engine」で解析した結果を利用して、実行中の各キャンペーン毎のインパクトをリアルタイムで把握することができます。平均注文額の増加、獲得コストの削減など、どんな目標であっても、結果を得ることができるようにパーソナライゼーションは設計されています。
results

迅速な実験の開始・結果の確認できるように Optimizely Personalization は設計されています。

ユーザー情報を利用して、Webサイト/モバイル上でのエクスペリエンスを最適化します。

Optimizely X Personalization の特徴

  • リアルタイム行動ターゲティング
  • カスタムターゲティングのオーディエンスアップロード機能
  • 重複するオーディエンスを簡単に管理、優先順位付けが可能
  • 信頼できるパフォーマンス測定
  • 独自のカスタムテンプレートでビジュアルエディタの拡張が可能
  • 簡単に更新できるのビジュアルエディタ
  • モバイル、Webサイト、レスポンシブサイトとの互換性
  • 迅速な立ち上げ、実験の実行
  • 柔軟性を最大限に高める開発者向けツールとAPI
  • 既に使用しているソリューションツールとの統合

この記事はOptimizely社のPersonalization紹介記事を翻訳したものです。
Deliver targeted content and experiences in real time


Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

前へ
次へ

ブログの関連記事

Optimizely & e-Agency Meetup in Tokyo大盛況でした!
Optimizely、米Forbes誌が選ぶ「2017年世界トップクラウド企業100」にランクイン
Optimizely & e-Agency Meetup in Tokyo ~世界10万件の実験結果から紐解く、成功企業のデータ文化づくりと、進化する実験トレンドとは?~
サーバーサイドで実験する理由
Metrics Builderの概要と設定

ブログのよく読まれている記事

コメントは受け付けていません。