機能アップデート:OptimizelyとGoogle AdWordsの統合 | Optimizely 正規代理店イー・エージェンシー
  • 2016年07月06日

機能アップデート:OptimizelyとGoogle AdWordsの統合

タグ :

OptimizelyはGoogle AdWordsと統合させることにより、顧客の行動を理解し、コンバージョン率の最適化に繋げることができます。
この統合により、AdWordsが作成したキャンペーンから流入するコンテンツやランディングページ等で、Optimizelyを利用し、テストを行うことが可能です。また、AdWordsのデータを基にOptimizelyでオーディエンスを作成し、作成したオーディエンスに対して実験を行うことも可能となります。

▼ご利用可能プランについて

Google AdWordとの統合は、エンタープライズプラン(Tier2)をご利用のお客様が対象となります。

1. OptimizelyでAdWordsを有効にします

1.Optimizelyのホーム画面の「統合」を選択します。

optiad1

2.Google AdWordsの統合を『ON』にすると、『Google AdWordsに接続』というボタンが表示されるので、クリックして下さい。

optiad2

3. AdWordsで利用しているGoogleのアカウンでログインをし、『許可』ボタンをクリックします。

optiad3

4. 複数のアカウントを管理する「AdWords Manager Account」でAdWordsにサインインする場合は、ドロップダウンメニューからOptimizelyで活用したいAdWordsのアカウントを選択します。

opti4

5. OptimizelyとAdWordsの統合が有効になり、Optimizelyのトラッキングテンプレートが表示されます。

optiad12
Optimizely側でのGoogle AdWordsとの統合設定は以上で終了です。

2. OptimizelyのトラッキングテンプレートをAdWordsに追加します。

OptimizelyのトラッキングテンプレートスニペットをAdWordsのテンプレートに追加します。Optimizelyで複数の実験や広告をターゲティングしたい場合は、全てのAdWordsのキャンペーン、広告グループ、広告にOptimizelyのトラッキングテンプレートを追加する必要があります。

参考:Optimizelyのトラッキングテンプレートスニペットは以下になります。

{lpurl}?opti_ca={campaignid}&opti_ag={adgroupid}&opti_ad={creative}&opti_key={targetid}

【トラッキングテンプレート追加の際の注意事項】

▼トラッキングテンプレートの優先順位
最下位のトラッキングテンプレートは、最上位のトラッキングテンプレートより優先されます。例えば、個々の広告クリエイティブにトラッキングテンプレートが存在する場合、最下位のテンプレートはより最上位の広告グループのテンプレートよりも優先されます

AdWordsの階層レベルは以下になります。

キャンペーン(最上位)
広告グループ
広告(最下位)

▼Optimizelyのトラッキングテンプレートの影響範囲
Optimizelyのトラッキングテンプレートのスニペットは、AdWordsの広告には影響しません。しかし、Optimizelyのトラッキングテンプレートの中に以下のような間違ったトラッキングテンプレートを使っている場合を除きます。
(opti_key, opti_ca, opti_ag, and opti_ad)
また、既存のトラッキングテンプレートが全体のリファラーURLに合致する場合は、Analyticsページに何か影響が及ぶ可能性がございますので、ご注意下さい。

▼テンプレートの競合について
以下の状況下におきまして、既存のテンプレートと競合する可能性がございます。

1.複数のAdWords managesを使用している場合
2.リダイレクトに以下のようなトラッキングテンプレートを使っている場合
 (with {lpurl1},{lpurl2}, etc)

上記で挙げた状況の場合、競合を防ぐ為に、Optimizelyのトラッキングテンプレートのスニペットを含むランディングページの最終URLを確認する必要がございます。

Optimizelyスニペットの追加方法

1. AdWordsにログインし、[キャンペーン]を選択して下さい。

optiad4

2. [広告グループ]を選択し、[表示項目]>[表示項目を変更]を選択します。

optiad5

3. [属性]の配下に[トラッキングテンプレート]を追加します。

optiad6
上記の手順を全ての広告とキャンペーンに設定します。

※トラッキングテンプレートは、[キャンペーン]のタブではなく、Google AdWordsの[設定]タブの配下で有効となります。[キャンペーン]や、[広告グループ]配下のトラッキングテンプレートを修正することは、トリガーにはなりませんのでご注意下さい。

4. トラッキングテンプレートが実装されている最下位レベルのタブを開きます。
例えば、広告グループがトラッキングテンプレートを実装した最下位レベルなら、広告グループのタブを開きます。

5. 行を並び替える為にトラッキングテンプレートをクリックします。
トラッキングテンプレートを含む、全ての行を選択します。そして、[編集]をクリックし、メニューから[URLオプションを変更]を選択します。

optiad7

6. [URL オプションを設定]のドロップダウンメニューをクリックし、[後方へのテキスト追加]を選択します。

optiad8

7. 以下のトラッキングテンプレートのスニペット文章を[後方へのテキスト追加]の中に貼り付けます。

{lpurl}?opti_ca={campaignid}&opti_ag={adgroupid}&opti_ad={creative}&opti_key={targetid}

optiad9
設定が完了したら、[変更]をクリックして内容を保存します。

8.トラッキングテンプレートではない全ての行を選択します。[編集]をクリックし、
メニューから[URLオプションを変更]を選択します。
次のスニペットコードを[値を設定]の隣に貼り付けます。

{lpurl}?opti_ca={campaignid}&opti_ag={adgroupid}&opti_ad={creative}&opti_key={targetid}

optiad10
設定が完了したら、[変更]をクリックして内容を保存します。

以上の手順を行うことで、Google AdWords側でのOptimizelyのトラッキングテンプレートを追加することができます。

3. AdWordsを利用してOptimizelyで訪問者を作成する

Optimizely側で、AdWordsとの統合を一度「オン」にすると、AdWordsのキャンペーンをターゲットにしてOptimizelyで訪問者を作成することができます。

1. Optimizelyで「実験内の訪問者グループ」を作成します。

optiad11

2.条件選択のドロップダウンに[Google AdWords]が出てきます。

opti11

3.  [Ad Campaigns]と[Ad Groups]をドラックアンドドロップし、Optimizelyで新しい訪問者を作成します。

opti11

【ご注意事項】
削除され無効になったキャンペーンと広告グループは、ドロップダウンメニューには出てこないので注意して下さい。


Optimizelyのサポートに関するお問い合わせはこちらまで

前へ
次へ

ブログの関連記事

Metrics Builderの概要と設定
Optimizelyの統計エンジンのアップデートについて
PCI対応 Optimizely Xはクレジットカード決済領域での実験ツールとしてPCI認可を得ています。
Optimizely デスクトップアプリケーションがリリースされました。

ブログのよく読まれている記事